スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【遊戯王】《振り出し》について考察!
ee0d0c2af8.jpg

こんにちは、笹川マイスです。

今回はRISE OF DESTINYで登場した魔法カード「振り出し」について考察します。
2004年8月5日発売なので、12年程前のカードですね。
スポンサードリンク

さて、このカードですが、効果は至ってシンプルです。


《振り出し》
通常魔法
手札を1枚捨てる。
フィールド上のモンスター1体を持ち主のデッキの一番上に戻す。

Wikiより抜粋


手札コストが必要な代わりに、モンスター1体をデッキトップバウンスを行うという効果です。
効果とカード名がぴったり合ったセンスのあるカード。



その昔、爆風ライザーが流行った時は、このカードもデッキに入っている事も普通にあった。

と、いうのも当時はシンクロモンスターやエクシーズモンスターも居ないもんだから、相手フィールド上に融合モンスター以外が存在するのならばそれだけでドローロックが完成するのだ。

それが当時の「爆風ライザー」の強みであった。
現在、爆風ライザーが注目されないのは、結局のところシンクロモンスターやエクシーズモンスターを対象とした所で、アドバンテージを得られない為。ドローロックも発生しない。

このカードが極端に弱いカードという事は無いのだが…、同じような理由で現在使われる事はあまり無い。
そんな「旬を過ぎた」カードという事になるのだが、救われている人物が居る。


それは、このカード出身の「トカゲのおっさん」みたいなモンスターだ。
fc2blog_201604260950400a2.jpeg


tokagenoossan.png



このカードを期に、海外版の「挑発」のイラストに登場したり
12815DR3-EN049.jpg



実にそれこそ12年ぶりくらいに「一回休み」で登場をした
card100021553_1.jpg



こういうカードとしては珍しく名前も無く、カードイラスト以外での設定も存在しない。
全てが謎に包まれているモンスター。


しかし、解っている事が1つある。



それは、「性別」だ。



この2人
tokagenoossan.png
どちらかが男で、どちらかが女だということ。



何故そう言い切れるのかと言うと、

ee0d0c2af8.jpg

このカードの





kodomogaumareta.png
コレ



「子供が産まれました」
というコマが存在する事実である。


同じ性別同士では子供は生まれないので、どちらかが女で、どちらかが男という事。


そもそも元ネタの「人生ゲーム」で言えば、プレイヤーの分身は基本1人であり、
どこかで結婚イベントがあり、プレイヤーの分身が2人となる事が多々ある。

このカードもそれと同じように結婚した後、2人でマスを進めていたのだろう。



そんな結婚をしている状況下で、「振り出しに戻れ」と言っているのだからなかなか悪質だ。


振り出しに戻れば、また1人からスタートするハメになるからだ。


イラストのように項垂れているのも納得… 現実は非常である。

スポンサードリンク
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://retenshon.blog.fc2.com/tb.php/115-2f358225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。