【遊戯王CS】「メタルフォーゼ」使って博多CS(チーム戦)に行って来ました。
ChVoKXqUkAABFBQ.jpg


こんにちは、笹川マイスです。
4月30日にあった、博多CS(チーム戦)に行って来ました。


dexxxcsasasa.png
スポンサードリンク


という訳で、CS前にヤメチクリーレイニアス(ユッタ)と調整という名のダベりを行う。

まず朝7時に集合し、10時が受付終了なので9時ぐらいまで家で構築を言い合おうという事に。
そこでユッタが「いざという時は、タクシーを使おう」と提案。

わい「いやいや、前日の夜に集まるならともかく、朝集まってタクシー使うのは無いやろ」
ユッタ「もしかしたら2人して意識を失うかもしれない」
わい「そんな事あるわけないやろ。」

と、そんな感じでダベって構築について語り合う。



そんなこんなで家で一緒にダラダラしてたら遅刻しそうになる

寝坊でも無いのに理由無く遅刻という一番やってはいけないパターンをやってしまいそうになり
タクシーに乗りそうになる

まあなんとか急いで準備して、タクシーに乗らずに済みました。
大会(場所)近いからね、しょうが無いね。


そして会場入り。

受付を済ませて、参加賞である「インナースリーブ1個(100枚入り)」を貰う。

わい「1個だけ貰っても(デッキも作れないし)しゃーないし、これやるわ」とチームメイトに渡す。


よく考えたら100枚入りなのでデッキ作れる事に気付く。
スリーブは1個50枚入りという固定概念に囚われた痛恨のミス。




専門的な事はともかく、使用デッキはタイトル通りメタルフォーゼ。

メインデッキはこれ。
ChVoKXqUkAABFBQ.jpg


サイドデッキはこれ。
ChVoKXuUkAAZKS-.jpg



何故、メインデッキの写真でミネルバの隠して、
エクストラとサイドデッキの写真でミネルバの顔を映すようにしているか、解りますか?

それは、この2つの写真を繰り返し見る事で
いないいないばぁをされているようで、とてもバブみを感じるからです
皆さんもやってみてください。




1戦目:帝(水菜さん)
◯×◯ チーム勝ち
1R目は、後攻でエクストリオ、インフィニティ、ユニコーンというクソみたいな布陣を作り勝ち。
2R目は、めちゃくちゃ展開されて負け。展開された帝は無理です。
3R目は、先行でインフィニティ、ユニコーンを作りきって勝利。
ギリギリまでインフィニティとユニコーンを使わなかったのが良かったです。


2戦目:オッドアイズマジェ
◯◯ チーム勝ち
1R目は、エクストリオクリスタルウィングを完成させるが、ウェーブフォース&神の警告で返される。が、勝ち。
2R目は、相手が何も出さず、オッドアイズドラゴンだけ使ってエンド。
返しで「ゴウフウ、デビンケン、錬装融合、メタフォ」という手札だったので、
クリスタルウィング(2500)、エクストリオ(2800)、カーディナル(3000)を出してワンキル。
ここに来てカーディナルが必要になるとは思わなかった。


3戦目:ヴェルズ(OWTさん)
◯×◯ チーム勝ち
1R目は、相手が事故っているようで、こっちが展開して勝ち。
2R目は、オピオン封殺でイカされて負け。
3R目は、ET突入。相手がバハムートでこっちのアダマンテをパクられダメージ差がヒドい状態でこっちのターン。
相手は伏せは無いが、バハムートとアダマンテが立っている。
自分の手札は「ラクーン、エキセン、ゴルドライバー」…、エクストラはヴォルフレイム×2。
この手札で、どうやって勝つのか…。と思い、考えに考える。
ラクーンを召喚し、ユニコーンをサーチ。
ゴルドライバーをセッティングし、ラクーンを割る。
フォーメーションをセット。エキセンをセッティングし、フォーメーションを割る。
フォーメーションでスティエレンをサーチ。
スティエレンをセッティングし、ユニコーン・エキセン・ヴォルフレイム・ヴォルフレイム・ラクーンをペンデュラム召喚。
ユニコーン効果で相手のアダマンテとラクーンを戻し、エキセンで相手のバハムートを割り、そのままライフを削って勝ち。
エキセンで自分のコンビネーションを割るという戦術がここまで強いものだとは思わなかった。


4戦目:青眼
×× チーム:負け
1Rは、白き霊龍を2体特殊召喚され、ツインバースト喰らってリソース失って負け。霊龍が一番強い。
2Rは、こちらが後攻を選択し、相手の展開を返す戦術を試みるも、手札が見事に先行ハンドで、しかも相手が展開しまくって死亡。
この日の中で一番後悔したプレミ。プレミというか選択ミス。
まあ、ここでチーム負けしても、結果的には本戦には進出できるからまだ良いのだが…。



本戦進出


本戦1戦目:メタルフォーゼ
◯× ED◯ チーム:勝ち
1R:相手が先行。モンスターの展開はされなかったが、カウンター伏せられまくってイカされる。なんとか反逆するも
「あと50ライフポイントが足りない」という状況になり、負け。
2R:ET突入。相手がわいのライフを削りきれなくて勝ち。
3R:ED。相手が先行とってダイナスター2伏せエンド。こちらのターン。
初手を確認。ちょっと展開してエキセン、ユニコーンをペンデュラム召喚。そこで通告を発動される。

S__2744379.jpg

モンスターは出さず、カードを2枚伏せてエンド。


相手が2ターン目(ラストターン)。展開して、ユニコーン2体を含めて4体で攻撃宣言。

伏せてあったカードを発動。

card1002546_1.jpg


相手のモンスターが全て裏側守備表示に変更となる。

keikakudoori.jpeg

皆既日蝕の書がデスノートと化した瞬間。
相手は通告で払った1500ライフを取り戻せず、勝ち。
初手があまり良くないし、伏せを通告や警告かなんかだと思って、エキセンであえて自分のフォーメーションを割って
わざと引っかかるように展開したわけやけど、ここまでキレイに計画通り動くとほんと感動する。
エキセンで自分のコンビネーションを割るという戦術がここまで強いものだとは思わなかった。(2回目)


本戦2戦目:儀式彼岸
◯×-(チーム勝ちの為引き分け)
1R:相手がベアトリーチェ出すも、こちらが展開しきってワンキル。
2R:ベアトリーチェとリリーサーで封殺されて負け。
3R:この時点でチーム勝ちが確定するも、40分経過していなければ試合は続行。が、40分経過した為引き分け。




いよいよ準決勝!

55967.jpg



本戦3戦目(準決勝):ヴェルズ(OWTさん)
◯××
1R:展開→返される→展開→返されるの繰り返しでかなりアツい試合に。ギリギリ勝つ。
2R:手札があまり良くなく、普通に負ける。
3R:魔封じ

poputepipikku.jpg

チームメイトのイキスギィー・レイニアスさん、ヤメチクリー・レイニアスさん申し訳ありませんでした…
私魔封じだけは駄目なんです…。

チーム:負け



本戦4戦目(3位決定戦):青眼
◯××
1R:虚無空間ユニコーンで制圧して勝ち。
2R:霊龍でやっぱりイカされる。
3R:魔封じ

poputepipikku.jpg

私魔封じだけは駄目なんです…。(2回目)


魔封じサイド投入は彼岸だけだと思っていた自分が恥ずかしい。
ここまで魔封じを入れているデッキが多いとは正直思っていなかった。

チーム:負け




結果4位。


3位まで行けば、はっちグランドの出場権利が与えられるので、3位には行けるよう勝ちたかったです。
遠いので実際に行くかはわかりませんが…。
ただまあ、商品はもらえてアドは稼げたし、遊戯王沢山楽しめたので良かったです。
その後の飲み会もめちゃくちゃに(みんなが)騒いでて楽しかったです。


という訳でまとめ


1戦目:帝 2-1
2戦目:オッドアイズマジェ 2-0
3戦目:ヴェルズ 2-1
4戦目:青眼 0-2
5戦目:メタルフォーゼ 2-1
6戦目:儀式彼岸 1-1-1
7戦目:ヴェルズ 1-2
8戦目:青眼 1-2

個人成績 4-3-1。


4位になった以上負け数が多くなる事は仕方ないんですが、こう書くとやっぱ負け数が多いですね。
勝ち越しなだけまだ良いのですが。


という訳で、メタルフォーゼで大会に出た感想

感想その1
「ET・EDの突入率が異常に多い」
つまりライフコストを支払うカードに抵抗を感じるようになりました。
実際、本戦1戦目で私が勝った原因は、相手がライフコストを払ってくれたからです。
ツールはともかく、コズミック・サイクロンは別のカードにしたいですね。

感想その2
「エキセントリック・デーモンが強すぎる」
先述した、コンビネーションを割るコンボが異常に強かったです。
その後、サーチしたカードを使ってスケールを揃えてペンデュラムをする事によって、
結果的にエキセンが場に出てモンスターを割る効果使うまで繋げられるのがデカいですね。
この大会だけでも5回ぐらい、この動きを行いました。

感想その3
「ブレイクソードも強すぎる」
ブレイクソードでコンビネーションを割るコンボが…(以下略)
そうでなくても錬装融合割って1ドローや、オリハルク割ってさらにもう1枚破壊するなど、用途が多彩でした。
オピオンを突破出来るのも非常に良かったです。

感想その4
「魔封じがキツい」
キツいどころの話じゃありまえん。ゲロゲロゲロペロスです。
発動されたら「終わった…」しか感想が出てきません。
診断メーカーが「終」で埋め尽くされる感じです。

という訳で、次回からはこの「魔封じをいかに越えるか」という構築で頑張っていきたいと思います。

スポンサードリンク
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する