【遊戯王】《ハーピィ・レディ・SB》について考察!
HarpyladySB.jpg

こんにちは、笹川マイスです。
私は「ハーピィ」シリーズのカードがかわいくて好きなのですが、今回はそれらの中で
「ハーピィ・レディ・SB」について考察していきます。
スポンサードリンク


その昔、遊戯王関係無くVジャンプを愛読しており、2年くらいかな。継続して読み続けていた。


…とは言え、その頃は遊戯王に興味無かったので付録にカードがついている事もあまり知らなかった。

しばらくしてから、遊戯王にハマる訳なのだが、その時に過去2年くらい購読し続けていたVジャンプを発掘し
「もしかしたら、レアい付録があるかも」と思った結果、コレしかなかった


…まあ、それはいいとして。



このカードは、「ハーピィ・レディ」としてルール上扱う効果を持っている。

ふつうの「ハーピィ・レディ」は攻撃力1300のバニラモンスター。
HarpyRady.jpg


対してこのカードは打点が1800あるが、効果が「ハーピィ・レディ」として扱う効果しか無い。



昨今ではバニラモンスターの扱いが優遇されており
予想GUYから始まってレスキューラビットなどのデッキからの特殊召喚、
ダイガスタ・エメラルや、思い出のブランコなどの墓地蘇生
凡人の施し、馬の骨の対価などのドローソース。

…などなど。

インフレのせいでどうせ1800打点なんて言うほど高くないので、バニラで1300の方が強く思えてきます。



さらに、「ハーピィ・レディ1」「ハーピィ・レディ2」「ハーピィ・レディ3」の登場でさらに立場が怪しくなってきました…。
HarpyRady01.jpg



今では、「ハーピィ」シリーズといえば露出度の高い痴女軍団としてのイメージが非常に強く
その中でもこのカードは、特に露出度が低い。

ボンテージという名前の割には一番性的な要素が少ないという、男性にとってはちょっと残念なモンスター。



「う~ん、ハーピィ・レディ1のが露出高いからこっちを使おう」という人は多いはず。多分。




さて、このカードには問題点が1つある。
それは「SB(サイバー・ボンテージ)」である。

サイバー・ボンテージは英語で書くと「Cyber Bondage」なので
「S」が何なのかわからない


まさかSaiba- Bonte-zi を略したんじゃないだろうな…。

Cyberってそこまでレアい英単語じゃないと思うのだが…。


サイバーを「Saiba-」だと思うほどハーピィ・レディはアホなのだろうか。
それもまた悪くないんだろうが…


……




きっと使っているケータイ会社がSoftBankかなんかなんだよ…
または好きな食品会社がエスビーなんだ…


そう思っておこう。そう思ってあげるのが男のやさしさなんだ


スポンサードリンク
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する