スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【遊戯王】《脳開発研究所》について語るぜ!
card1003403_1.jpg

こんにちは、笹川マイスです。
今回は過去の記事のリテイク記事なりますが…
《脳開発研究所》について語っていきます。

なんといっても、以前語った奴はあまりにも「高橋尚子のマラソンしようよ!」について語りすぎでしたからね。
スポンサードリンク



フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
通常召喚に加えて1度だけサイキック族モンスター1体を召喚できる。
この方法でサイキック族モンスターの召喚に成功した時、
このカードにサイコカウンターを1つ置く。
また、自分フィールド上のサイキック族モンスターの
効果を発動するためにライフポイントを払う場合、
代わりにこのカードにサイコカウンターを1つ置く事ができる。
このカードがフィールド上から離れた時、
このカードのコントローラーはこのカードに乗っていた
サイコカウンターの数×1000ポイントダメージを受ける。

Wikiより抜粋



召喚権を増やし、尚且つサイキック族の支払うライフコストを肩代わりするカード。
とは言え、サイキック族登場直後のサイキック族はともかく、最近のサイキック族は全然ライフを支払う効果を持っておらず
この効果を全然活かす機会が増えない。

その割には、優秀なサイキック族はどんどん増えており、近年では「霊獣」「超量」「メタルフォーゼ」…いずれ来日する「Kozmo」などなど…メジャーになってきている。

このカードの追加召喚する事が出来る効果は相手も使う事が出来る為、このカードを残すと返しのターンで痛いダメージを受けやすい。



こんな感じで、時が経てば経つほど立場が悪くなるカードなのだが
密かにファンの多いカードである。


何故かというと、KONAMIのゲームが元ネタのカードだからだ。



その名も「脳開発研究所クルクルラボ」

am_video_curucuru.jpg

このゲームは、いわゆる「脳トレブーム」である2006年に出たアーケードゲームであるが…

2006年…? このゲーム、やった事あるが…10年前のゲームなのかよ…


……



まあいいや。

ともかく、他のKONAMIのゲームが元ネタのカードとくらべてあまりにもマイナーであって、尚且つ
アーケードゲームな為、当時ゲーセン族じゃない人は「知らない」という方が多いだろう。

個人的には結構ハマってたが、続編が作られていない以上、人気もイマイチだったのだろう。
(それか、制作チームがQMAのチームだった為、絶頂期であったQMAに制作を集中させたかと思われる)


テーマ曲がBeatmania IIDXに収録されているので、音ゲーマーの人は知っているかもしれない。


遊戯王においては、このカードもそうだが、
妙にクルクルラボのキャラクターがOCG化している。

たとえば、このオシャレオン
hasin-g.jpeg

これは、クルクルラボの
osyareon.jpg
オシャレオンが元ネタです。まあ名前がまんまか。


その割には
マジオシャレオンとか
6367cf6b.jpg

アドバンス・ディポーターとか
06160.jpg

これらはクルクルラボに登場してない


クルクルラボで登場して遊戯王で進化体や飼い主などの設定が発展しているのだ。

他のゲームの設定をいじっている事になる為、結構スゴイ事だと思うのだが…
おそらく「クルクルラボ」に関してはもう完全に設定とかがどうでも良くなっているのだろう…。残念だ。



次にトマボー
00273.jpg

これは、トマ坊
tomabo.jpg
というキャラクターですね。

これも、プチトマボーという派生キャラクターが居ますが
card73708316_1.jpg

こいつらも本家クルクルラボには登場せず。



ちなみに、遊戯王にも登場している
koitsu.jpg
コイツもクルクルラボには居ます。これは元ネタがパロディウスからという事ではありますが。



同じように、このゲームには「ゴーレム先生」というキャラクターが居るのですが
goremusensei.gif


これも、グラディウスシリーズに登場する「ゴーレム」をモチーフとしており、
遊戯王の《ゴーレム》と元ネタが同じになります。
go-remu.jpg





さて、この脳開発研究所クルクルラボというゲームは先述の通り、脳トレゲームであります。 という事であれば、

card1003403_1.jpg
このオッサン達は、脳トレクイズを出し合っていた…!?




04705.jpg
ブレインハザードは、クイズに不正解していた…!?






IQサプリか何か?





サイキック族が、人工的に脳を開発していたとかサイボーグ軍団であるとかじゃなくて
ただの脳トレ軍団とはたまげたなあ


川島教授もサイキック族確定ですね…。


top02.gif

こんなんどっからどうみてもサイキックですやん!(小籔)



2020679_201301160995985001358334273c.jpg
伊東四朗もサイキック族



1192871848.jpg
ファンファンと藤井隆もサイキック族



どいつもこいつもサイキック族と言わんばかりの格好をしているあたり、
脳トレ=サイキック族は確定ですね…。






あなたの友人・知り合いにも、やたら なぞなぞ や 脳トレ を出している人は居ませんか?
もしかしたら、その人はサイキック族かもしれませんよ…。


スポンサードリンク
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。