【遊戯王】《メタルフォーゼ・コンビネーション》《メタルフォーゼ・カウンター》について考察!
メタルフォーゼ・カウンター

こんにちは、笹川マイスです。
今回は、【メタルフォーゼ】デッキにおける「メタルフォーゼ・カウンター」と「メタルフォーゼ・コンビネーション」について考察していきます。
スポンサードリンク

人によって、《メタルフォーゼ・コンビネーション》と、《メタルフォーゼ・カウンター》のどちらを強力なカードと思うのかは
本当に違っていて、意見が全く異なってくる。


metakonbi.jpg
《メタルフォーゼ・コンビネーション》
永続罠
(1):1ターンに1度、融合モンスターが融合召喚された場合、
その融合モンスターよりレベルが低い、
自分の墓地の「メタルフォーゼ」モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「メタルフォーゼ」モンスター1体を手札に加える。

Wikiより抜粋




メタルフォーゼ・カウンター
《メタルフォーゼ・カウンター》
通常罠
(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「メタルフォーゼ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分のエクストラデッキから表側表示の「メタルフォーゼ」Pモンスター1体を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

Wikiより抜粋




さまざまなレシピを見ていても、「コンビネーション」を2、3枚積んで、「カウンター」を1枚という構築もあれば
「カウンター」を2,3枚積んで、「コンビネーション」を1枚…
どちらも1枚に留めているという構築もある。

こんな感じでプレイヤー・構築によってどちらを優先するかが変わっており、私も
最初は「カウンター」派だったのだが、今は「コンビネーション」派。



というのも、私としては先行でメタルフォーゼを使って、スケールを揃える可能性のある「コンビネーション」のが重要だと思っているから。

たとえばエキセントリック・デーモンを使ってコンビネーションを割れば、デッキからメタルフォーゼをサーチ出来るし、
後攻だとブレイク・ソードを使って破壊したいカードとコンビネーションを割れば一石二鳥のコンボとなる。


ブレイク・ソードで破壊して動くのは基本的なパターンだと思っているし、エキセンで割るのも、サイクで割るのもどれも使った事がある。
以前紹介したオオアリクイクイアリが注目されているのも、この墓地へ送られたらサーチという点があるからだ。
ちなみに、このコンボが出来る為、サイドはコズミック・サイクロンよりサイクロンを推している。

こういう動きがカウンターでは出来ない為、私のデッキは今、コンビネーションの採用枚数が多め。



しかし、逆にカウンターはカウンターで別に優秀なのも確か。
カウンターは簡単に言えば1粒で2度オイシイカード。

「場のカードが破壊されたらデッキからメタルフォーゼを特殊召喚する効果」
「墓地から除外してメタルフォーゼを回収する効果」

どちらもトリガーが軽く、使いやすい。

コンビネーションも、墓地から融合モンスターを蘇生する効果はあるが…
あくまで「そういう効果があるだけ」という感じで、発動条件が厳しく実際にはほとんど利用しない。


また、破壊した時のリクルート効果は、戦闘破壊でも対応している為
ワンキルを防いだり、リクルートしたモンスターをエクシーズ召喚して尖兵となったり
リリースしてユニコーンを召喚。そこから効果を発動という行動もよく行う。

また、メタルフォーゼの効果で複数枚のこのカードを伏せる事で
返しのターンで一気にモンスターを2,3体と特殊召喚し、一気に反撃の狼煙を上げる事が出来る。


回収効果もΩがあれば繰り返し回収出来るし、ゴードンとの相性もバツグン。



先行1ターン目で効果を使えない点は痛いが、それ以降であれば非常に強力な効果。



そんなこんなでまとめると、こんな感じになる

コンビネーションの利点
・ターンをまたげば、メタルフォーゼの効果で自ら破壊してサーチに繋げられる。
・「エキセントリック・デーモン」「サイクロン」などで自ら割ることで、不足しているスケールをサーチ出来る。
・デッキからのサーチなので、P召喚して場に出せるカードの枚数が増える。
・序盤で強い。


カウンターの利点
・Ωを使う事で繰り返し利用出来る。
・ワンキルを防ぎ、ダメージを抑える事が出来る。
・場にモンスターを大量展開して大ダメージを与えられる
・場にモンスターを出して、返しのターンでエクシーズ召喚や、ユニコーンのアドバンス召喚に繋げられる。
・中盤で強い。




このように、上手い事役割が違っている。
同じカテゴリに属する2枚の罠カードで、採用に関してここまで意見が別れるのは珍しい。
非常にバランスの取れた、良いデザインのカードといえる。

もっとこういう感じのカード出たら良いですね。


スポンサードリンク
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する