【遊戯王】メタルフォーゼに対しての《魔力の泉》について考察!
魔力の泉



こんにちは、笹川マイスです。

今回は今、ちょっと騒がれている《魔力の泉》について考察していきます…。
スポンサードリンク

まず、どんな効果かというと…


《魔力の泉》
速攻魔法
「魔力の泉」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードの数だけ
自分はデッキからドローする。
その後、自分フィールドの表側表示の魔法・罠カードの数だけ
自分の手札からカードを選んで捨てる。
このカードの発動後、次の相手ターンの終了時まで、
相手フィールドの魔法・罠カードは破壊されず、発動と効果を無効化されない。


EMEm環境の時にもちょっとだけ話題に上がった事あるカードですね。


発動されると、ドロー加速が出来、相手のカードが破壊できなくなるという効果があります。

さて、このカードが対メタルフォーゼで有用な理由としては
ドロー加速はもちろんですが…「ペンデュラムゾーンのカードすら割る事が出来なくなる」という事です。

つまりメタルフォーゼのエンジンであるペンデュラムゾーンにあるカードを割って、アドバンテージを稼ぐという事ができなくなるのです。
しかもスケールが合ってない時にこのカードを発動されると、クソみたいなスケールを揃えたまま立ち往生をしなければならない。

そうなってしまうと、体制を整える内に負けてしまうでしょう…。


それだけでなく、メタルフォーゼ・コンビネーションは破壊されないのでサーチが出来ず
破壊されなければメタルフォーゼ・カウンターも発動出来ない。

ドロー加速が目的じゃないので、サイクロンにチェーンしてとりあえず発動しても、メタルフォーゼにとってはかなりキツい。
エキセントリック・デーモンで割ろうとしてこのカードを発動されると、エキセントリック・デーモンが立ち往生してしまう。


とにかく、刺さりに刺さりまくるカードなのです。





何よりキツいのが、メタルフォーゼ側にとって、としてこのカードに対抗しうる手段がほとんど無いという事。


先述の通り、サイクロンを発動しようにも、チェーンされたらその後の動きは拘束されます。

相手に表側表示の魔法・罠カードが無い時にこのカードを発動する事は出来ないので
魔法・罠カードを使わず、モンスターで伏せを破壊しなければいけない

つまり、ゴウフウからシンクロして、モンスターで後ろを除去したり
ベイゴマックスや、レスキューラビットからのエクシーズで後ろを除去する必要がある事。



これらの動きが出来ないのであれば、魔力の泉を警戒して動かなければなりません。


比較的被害が少なくて済むエキセントリック・デーモンで様子を見たり…
ペンデュラムスケールはキッチリと揃えてから動くという事。

このカードが流行ったら、クリフォート・ツールは怖くて使えません
card100018772_1.jpg

好きなカードなのに、残念だ…。




というわけで
流行らないで下さい。オナシャス!

スポンサードリンク
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する