Tetsu Champion Ship VIII に行って来たぜ!
こんにちは、笹川マイスです。
12月21日にありました、Tetsuさん主催のTetsu Champion Shipに行って来ました。
今回で8回目だそうです。
自分は何回このCSに行っているかはあまり覚えてませんがたしか3回目だと思います。


今までは仕事の都合上、最後まで居れなかったりする事が多々ありましたが、
今回は初めてゆっくりと最初から最後まで居れる大会という事もありまして
意気揚々としてました。

なお、前日の夜はスマブラばっかりしており
カード全然触っていなかったもよう。



そんな訳で行って来ました。

場所は南近代ビル。
博多駅筑紫口前のモニターでよく宣伝しているアレだ。

とりあえず序盤などは省くとして、帝さん進行の上で第1回戦が始まりました。

1戦目 対戦デッキ 【魚族】
ダブルフィン・シャークって強くないっすか?
1枚で、水属性エクシーズ簡単に出せるとか強ウィッシュ!
アークナイトとか、深淵に潜むものとか、バハムートシャークとか
簡単に出せるのはやっぱ強いっすよね。

でも

ラグナゼロはいかんよ…ラグナゼロは…。

電池メンにラグナゼロはいかんのですよ。


ラグナゼロは…



1-2


2戦目 対戦デッキ 【六武衆】
六武衆とかシエンさえ出されなきゃ大丈夫やろという甘い考え。
神智デスサイズで。

初戦勝ち。

2戦目は相手が先行取った上に、カゲキからスタート。効果発動さる。
しかしまあ手札にGあるしな… 投げる。

渋々相手がシエンを作り、後ろ伏せてエンド。

わいのターン。ドロー。

あ、パペット・プラントだ。

ハルベルトSSからのパペット・プラントでシエンを奪い、
大嵐発動。 まさしく外道の極み。

2体でアタックして1800+2500=4300ダメージ。

その後、ハルベルトリリースモラルタ。
エクシーズしてデュランダル
後ろデスサイズ神智伏せエンド。


あとはお察し。

2-0


3戦目 対戦デッキ 【ハーピィ】

狩場で後ろパリンパリンして来たけどまあ、わいが伏せるもんてアーティファクト系統のカードばっかやしな…。

お察し。


2-0



4戦目 対戦デッキ 【ネクロス】
やっと来ました、本命ネクロス。
クルクルデッキを回してリリーサーグングをつくろうとしている人にはチェインにヴェーラーでバッサリだ。

2-0



5戦目 対戦デッキ 【ヴェルズ】
今まで初戦で負けていたとはいえ、それ以外は勝ち続けたわい。
まず、召喚して充電池メンをサーチ。
場をガラ空きのままターンエンド。

ヴェルズ×2で高速ライフカット職人されるわい。
その後、オピオン作られ、効果発動される。

対戦相手のizumiさんはわいのデッキを知っているし、何回か戦っている。
普通ならば、侵食感染がベターなのだが、烈旋ケアで汎発感染を持ってくるはずだ。

いま、ワイの手札には烈旋あり…。ここで汎発を持ってこられると大分ヤバイ。
ここはヴェーラーを打ち抜きサーチを阻止。

返しのターンで烈旋充電池を行うもライフカット出来ず。

そのターンの返しでまた相手にヴェルズ×2が揃う。
わいの場が充電池メン×1。そして手札はハルベルトのみ。
この状況でエクシーズされると一番困るのは…そう、ラグナゼロ。
しかしラグナゼロを防げる場では無いし、次で簡易融合か蘇生を引けばまだいけるか…
という所まで来た。

しかし、相手が勘違いしてたらしく、アークナイトをXs。
充電池メンはアドバンス召喚していたので、吸い込まれず。
相打ちによって充電池メンは討死。アークナイトは生き残る。

なんとかラグナゼロは出されなかったものの、依然として状況がヤバイ事に代わり無く。
いうてこっちもハルベルトのみの手札なので、次に引くカードにかかっている。

ドロー!充電池メン!


引いたああああああああああああああ!おおおおおおおおおおおお!
ハルベルトからの充電池!からの大展開!

勝ち!2-0




というわけで、予選は4-1
そのうち負けは1-2、勝ちは2-0オンリーと、4-1の中でも最高の成績を得る。

TCSはブロック制で、A-Hの8ブロックから上位4位が選ばれて本戦トーナメントに進む。
1ブロック35人の内、本戦に上がれるのは4人となる。

これはもしかして、本戦に上がれるかとワクワク。
そして15:15。アナウンスが流れる。


「Bブロック(わいのブロック)3位 笹川マイスさん!」

やりました。
多分3回目のTCS参加にして初の、本戦ブロック出場であります。
これは嬉しい!

テンションはダダ上がり!


本戦はまた予選とは別の隔離されたスペースで行われ得るのだが、
この特別な感じがまたキンチョーを促すのだ。

本戦部屋には2人づつ呼ばれるのだが、つまり2人同士でデュエルする事となるのだ。

いったいワイは誰と対戦するんや・。知っている人や知らない人なのかと気になっていた所、ついに呼ばれた。

「優斗さん」「笹川マイス」さん。

あ、優斗さんか。
優斗さんとは何回かデュエルした事あるな。

本戦1戦目 対戦デッキ 【ネクロス】
というわけで、優斗さんがネクロスを使っている事は、知っていた。
ネクロスならまだ電池メンでも戦える。(寄せているから)
まあ、問題は、相手が、俺が今電池メンを使っているか知っているかどうか…。
これを知っているかどうかで相手の立ち回りは大きく変わるはず…。

そしていよいよデュエル開始。
優斗さん「デッキ何枚?」
わい「40枚です。優斗さんは?」
優斗「46枚」
わい「46枚!?大嵐引けませんよ?」
優斗「いや、引けるから」
なんて会話をする。うーんすごい自信だ。

電池メンを繰り出して相手が電池メンだと気づく。
相手はマンジュセンジュをせず、苦しそうな立ち回りだった。
だが電池メンだと気づいていたのですかさずヴァルキュルスをサーチ。
しかし、ヴァルキュルスがあろうとも乗り越えられる。
ライフが削れなくても、手札1枚は削れる。

ヴァルキュルスの強みはライフを守れる事もそうだがモンスターを守れる部分だ。
しかし烈旋さえあればモンスターは除去出来る…。
そのターンはヴァルキュルスを使うも、1戦目は勝ち。

そして2戦目、マンジュセンジュがやはり引けなかったらしく、ユニコール立てエンド。
烈旋が欲しい場面ではあるが、残念ながら烈旋はなく…

わい「パペット・プラントで」
優斗さん「フッwwww」
わい「どうしました?」
優斗さん「笑いしか出ない」



2-0


本戦2戦目 対戦デッキ 【HERO】
そしてついに本戦2戦目。
1戦目
ワンキル!

2戦目
ワンキル!

0-2
ワンキルされました。ち~ん(笑)

いやいやすごいねワンキルパワーは。
反省して次回に生かさないといかんね。

B5XdOvfCUAAnODz.jpg
B5XdOvhCUAMzYiM.jpg

というわけでTCS 8は、ベスト16に収まりました。
使ってデッキが↑の電池メンです。
電池メン使いのお方に参考になれば。




コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する