【遊戯王】《異次元エスパー・スター・ロビン》について考察!
izigenesperstar.jpg

こんにちは、笹川マイスです。
今回は《異次元エスパー・スター・ロビン》について考察していきます。


スポンサーリンク


みなさんは、バビル2世という作品をご存知でしょうか。
babiruniseri.jpg
三国志などの作品で有名な横山光輝先生の漫画で、アニメ化もされてます。

ストーリーとしては、ある日5000年昔の先祖・宇宙人バビルの超能力が目覚めた浩一くんが、バビル2世を名乗り
世界征服を目指す悪の権化「ヨミ(同じくバビルの子孫で超能力者)」と戦う。

バビル2世は、先祖バビルの遺産「バビルの塔」と「3つのしもべ」を得る。
3つのしもべはそれぞれ黒豹「ロデム」、怪鳥「ロプロス」、巨大ロボの「ポセイドン」。



…と、ここまで説明したら解る人も居るかもしれないが、このバビル2世こそ
《異次元エスパー・スター・ロビン》の元ネタとなった作品。


1970年代の作品だが、この前の「ブライ・シンクロン」のブライガーといい
遊戯王はこの位の「めちゃくちゃ有名じゃない、ちょっと有名な作品」をパロディにする事が多いですね…。



ちなみに、さきほど紹介した3つのしもべについてですが…
これもそれぞれ《野獣戦士ピューマン》《鳳凰獣ガイルーダ》《鉄巨人アイアンハンマー》とリンクしており

yajiusenshi.jpg
《野獣戦士ピューマン》は「ロデム」

rodemuhenshin.jpg
ただ、バビル2世のロデムとくらべてだいぶん人間に近づいた形をしていますね…
どちらかというと《N・ブラック・パンサー》がロデムに近い気もします。





gairu-da.jpg
《鳳凰獣 ガイルーダ》は「ロプロス」

kaichoropurosu.jpg
ロプロスの正体はロボットなのですが、このガイルーダのボディもロボットっぽいですね。





ianhammer.jpg
《鉄巨人アイアンハンマー》は「ポセイドン」

poseidododo.jpg
ポセイドンは超巨大ロボットで、その名の通り、海での行動が得意なロボットです。
バビル2世ではほぼ無敵のパワーを持ったしもべなのにアイアンハンマーの攻撃力の低さはなんなんだ。





と、いった感じですね。


遊戯王関連のスタッフは妙にバビル2世が好きなのか、
バビル2世を元ネタとするカードが他にもあって…

先述したN・ブラック・パンサーもバビル2世のロデムがモデルだと言われてます。
変身能力を持った黒豹ですからね…。

それとはまた別に

furanken.jpg
《No.22 不乱健》
「不乱健 博士」という同名のキャラクターがバビル2世に登場します。
フランケンシュタインの怪物が元ネタである事は同じなのですが、当て字もまったく同じですから
参考程度にはしていると思います。

ちなみにこの不乱健博士は、悪役ヨミが変装した姿です。



さて、一方エスパー・ロビンの悪役といえば
galaxyqueeee.jpg

《No.83 ギャラクシー・クイーン》です。

ナンバーズは「16=いろ」「39=さんきゅー」「59=こっく」「78=なんばー」という風に語呂合わせをしており
このカード…No,83は

ばあさん
 になるのですが…大丈夫なんですかね。


バビル2世のヨミが「頼れる上司」「憎めない悪役」としてデザインされているのに対し
ギャラクシー・クイーンは非常にバブみのあるデザインをしていらっしゃる。


まあ、バブみがある事自体はしょうがない。
そもそも設定からしてギャラクシー・クイーンはロビンの母らしいので…。

つまりエスパー・ロビンの世界はいうなれば「壮大な親子喧嘩」となるが、グラップラー刃牙か何か?




さて、「クイーン」という事は、「女王様」という事になるのですが

izigenesperstar.jpg
スターロビンのデザインも 「ムチに仮面」 と、違う意味で女王様スタイルを確立


変態の血は確実に受け継がれている


スポンサーリンク
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する