スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【遊戯王】《サイボーグドクター》について考察!
cyborgdoctor.jpg


こんにちは、笹川マイスです。
今回はエンシェント・プロフェシーで登場したややマイナーモンスター「サイボーグドクター」について考察していきます。

スポンサーリンク


《サイボーグドクター》
効果モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1500/守1700
自分フィールド上に存在するチューナー1体をリリースして発動する。
リリースしたモンスターと同じ属性・レベルのモンスター1体を
自分の墓地から特殊召喚する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。


逆光で姿を見えなくしている演出がニクい怪しい雰囲気を醸し出したモンスター。
チューナーモンスターをリリースし、同じ属性とレベルのモンスターを蘇生する効果を持っている。
この手のリリースする効果には珍しく、属性とレベルはフィールド上のものを参照する。
と、なると「本来はレベルが低く出しやすいが、高レベルになれるチューナー」といったようなものを
リリースすれば、良いという事になる。

音響戦士ベーシスなら、ギータスでポンポン呼べて、自身の効果や墓地にあるギータスの効果も使うと
レベルの変動がいとも簡単にグングン上昇し、調整も楽。ついでにドラムスも使うと属性も操れるので
チームを組むなら音響戦士が無難。

まあ、そこまでしても所詮は蘇生…。その上チューナー以外を蘇生すると結局このカードが棒立ちしてしまう。
使い道がありそうで意外と無いモンスターなのが残念。
そもそもチューナーが居るならシンクロして高レベル自体は出せる。


しっかしこの効果、曲がりなりにも蘇生効果ではありますからドクターてのは分かりますが、サイボーグ要素ありませんね…。
なんで5D'sが始まって、サイキック族という新種族の押せ押せブームの時に「サイボーグ」なのに魔法使い族なのか…
というのは沢山の人が思った事でしょう。


と、なると実際の所は改造人間(サイボーグ)などでは無く、あくまで身体が金属の生命体だったり
金属の装甲を装備している人間であって「サイボーグ」では無いのかもしれない。


dekaizo.png

先述の通り、逆光でよく見えない為、金属の身体をしているっぽいのはわかるが、サイボーグだと断定は出来ないイラストとなっている。

このように、特別な重要な立ち位置にいるモンスターでも無いのに、
キャラクター像を「見せられない」ようにしているイラストは遊戯王ではかなり珍しい。
なにか訳があるに違いない。


恐らくだが…、姿を映す事は出来ないのは
故意か過失か、あるキャラクター・クリーチャー等にデザインが酷似していたからでは無いだろうか。



まさか、そんなまさか と思うかもしれないが
こういった例は過去の遊戯王にもある。

それは「マッド・ロブスター」が有名だろう。


マッド・ロブスターはサイバネティック・レボリューションで収録された当初のイラストは、以下のものだった。
madrobu02.jpg



しかし、あるTCGのクリーチャーと酷似していた為、イラストを変更し、以下のようになったと言われている。
madrobu01.jpg



その酷似しているクリーチャーというのが、アルタイルというカードゲームの「海割の爪」
umiwarino.jpg



並べてみると…

doudesuniteirudesyou.png
どうです?似ているでしょう?
んああ、おっしゃらないで。




マッド・ロブスターの時は、酷似していると発売時には気付かなかったのでしょう…。
でも、この「サイボーグドクター」時は事前に気付けた。
しかし、納期が迫っておりイラスト変更を行える余裕は無かった。

そこで、全体的にイラストを暗くし、デザインをよく見えないようにした。


という事が考えられる。




では、「サイボーグドクター」は、何のキャラクターと酷似していたのだろうか。
もう一度イラストを見てみよう。

dekaizo.png


金属の身体を持っている…


そして、頭にフードのようなものを被っている…


名前に「ドクター」…


「魔法使い」…









あっ!


これは…




akumahakase2.png
悪魔博士じゃないか!




-注釈-
悪魔博士とは…
akumahakase3.jpg
アメコミ「ファンタスティック・フォー」に登場するキャラクター。海外名は「ドクター・ドゥーム」
本来は怖ろしいキャラクターなのだが、アニメ化し日本語版が放映される際に…
「東欧なまり」を表現するために名古屋弁でしゃべるようになり、ただの名古屋人のおっさんと化した。




サイボーグドクターは椅子に座っているが、
これは悪魔博士の
akumahakase.jpg
このシーンを模したものだと思われる。




比べてみると…
uwalakoreha.png

うわぁ…これは悪魔博士ですね…なんだこれは、たまげたなぁ…。

流石のコナミも、マーベル・コミックとハンナ・バーベラには逆らえないようですね…。



ほんな訳でよ、おみゃー達も
サイボーグ・ドクターを、バシーと出すときゃー
名古屋弁で言わんとバチがあたってまうでよ。

ではバイバイサヨナラッ

スポンサーリンク
コメント
コメント
消えろ!スージー!(暴言)
2016/07/21(木) 08:46:44 | URL | #- [ 編集 ]
おろろんちょちょぱ〜
2016/07/21(木) 12:39:50 | URL | #- [ 編集 ]
相変わらず引き出しが多いっすね……
2016/07/21(木) 14:33:12 | URL | #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 消えろ!スージー!(暴言)

他のキャラクター紹介の時はナレーターと全然あってないのに、この時だけキッチリスージーなのが草生える。
2016/08/01(月) 01:20:23 | URL | 笹川マイス #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> おろろんちょちょぱ〜

草を堪え切れないガイコツくんすき
2016/08/01(月) 01:20:44 | URL | 笹川マイス #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。