スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【遊戯王】《EMオッドアイズ・メタル・クロウ》について考察!
ODDAIZMETALKUN.jpg


こんにちは、笹川マイスです。

今回は、最強ジャンプで連載している遊戯王ARC-V 最強デュエリスト遊矢の1巻に収録している融合モンスター「EMオッドアイズ・メタル・クロウ」について考察していきます。
スポンサーリンク



《EMオッドアイズ・メタル・クロウ》
融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
「オッドアイズ」モンスター+「EM」モンスター
このカードは融合素材にできない。
(1):「融合」の効果で融合召喚したこのカードは他のカードの効果を受けない。
(2):このカードの攻撃宣言時に発動する。
自分フィールドの全てのモンスターの攻撃力は、バトルフェイズ終了時まで300アップする。


「融合」を使って融合召喚する事で、超が付くほどの耐性能力を得る事が出来る。
こんな超耐性をポンポン出す今の環境は異常だ。

この超耐性を得る場合…
ほとんどは自分フィールド上に存在するペンデュラムモンスターを融合素材にする上、そのまま「融合」を使うとアドバンテージの消費が激しいので、「置換融合」を使うのが望ましいかもしれない。

「融合」「置換融合」を使わないケースとしては、
EMセカンドンキーを召喚し、墓地へ「EMオッドアイズユニコーン」「EMオッドアイズライトフェニックス」を送り「龍の鏡」を使うことで、すぐに融合召喚する事が出来る。ただ、その場合は耐性は得られない。


超耐性を得たこのモンスターの弱点は「3000以上打点の攻撃には負ける」という点に集約される。
この耐性は自分のカードの効果も受け付ける事が出来ないので、打点を上げて補助する事は出来ない。
よって、相手の打点を下げたり、ダストフォースなどを使って迎撃すれば良い。




このように、EMの切り札としては申し分無い性能を得る事が出来る。
融合召喚の難易度自体も、サーチしやすい「融合」「EM」「オッドアイズ」があれば良いので、難しくはない。

が、その反面構築に「融合」を取り入れないといけないという枷がはめられる。
このカードを出すだけで考えるならば、オッドアイズ・フュージョンやトランプ・ウィッチを使えば良いだけなのだが
「耐性」を存分に活かすなら専用の構築をする必要がある。

しかし、専用の構築とはいえ
ペンデュラム召喚したペンデュラムモンスターを素材に融合召喚すれば、アドバンテージの損失も最小限に済む。
「融合」カードを使って「EM」「オッドアイズ」を素材にして出せる他のモンスターとしては、このカード以外にも結構あるので
それら以外も駆使する事で、バラエティ豊かなデッキにする事も可能。


例えば…


borutekkusudoragon.jpg
オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン
「オッドアイズ」モンスター+Pモンスター
壁としてはクロウのが優秀だが、妨害をしたい際にはコレ。
エクストラデッキのペンデュラムカードをコストにする必要があるので、それが大量にあったり、融合召喚時にモンスターを除去したい時に使う事が出来る。


card100020290_1.jpg
ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン
「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」+魔法使い族モンスター
このカードもフィニッシャー。魔法使い族のEMとしてドクロバットジョーカーやペンデュラムマジシャンも存在する為出すことは難しくない。


starvvvveveve.png
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン
トークン以外のフィールド上の闇属性モンスター×2
フィニッシャー兼高打点要因。
「オッドアイズ」も「EM」も闇属性モンスターが多いので、このカードを作りやすい。




という訳で、このようにオッドアイズとEMで作れる融合モンスターは多いので、
様々な状況に応じて、打点要因・フィニッシャー・超耐性・除去&妨害と使い分ける事が出来る。
他にもビーストアイズ先輩を投入してみたり、「融合」又は「置換融合」を持ってくる際に「E・HERO ブレイズマン」を採用する場合は、属性HERO融合体にもなれる。(エクストラがパンパンになるだろうが…)

強さ云々は置いといて、それはまあ融合のエンターテイメント性を味わう事の出来るデッキは出来るだろう。
強さ云々は置いといて。





さて、このオッドアイズ・メタル・クロウですが…
今までとちょっとイラストの毛色が違っている。
ODDAIZMETALKUN.jpg

元々コミカルなメンツが多い「EM」であるが、このカードに関してはそれらと違って「絵柄がコミカル」という風になっている。
さながらトゥーンみたいだ。

まあ、元々「最強ジャンプ」で連載していた遊☆戯☆王のマンガ自体がデフォルメ化したキャラクター達がデフォルメされたモンスターを操ってデュエルとするという方針をしている。
だから、これも漫画内では違和感は無いのだが、いざ他のOCG化してみると…なんともいえない違和感が…。
スターヴ・ヴェノムなどの迫真モンスター達と並べるとやっぱ浮いている。が、致し方なし。



というか、「獣」「鎧を装備」して「デフォルメされたモンスター」ってどこかで見たことありますね…。







あっ…







kasegigold.jpg
カセギゴールドだ!


※注釈…魔法陣グルグルに出てくるボス






うわあ、これは肩のうしろの2本のゴボウのまんなかにあるスネ毛の下のロココ調の右が弱点ですね…。
実は超耐性では無い可能性が微粒子レベルで残留している…!?


スポンサーリンク
コメント
コメント
すごいちゃんと考察してる
2016/08/01(月) 02:42:52 | URL | #- [ 編集 ]
ククリちゃんのはなみずを飲み尽くしたいと思った(勇並感)
2016/08/01(月) 05:35:33 | URL | #- [ 編集 ]
さりげなくビーストアイズくんを汚物と同一視するのはやめろォ(建前)ナイスぅ(本音)
2016/08/01(月) 09:51:52 | URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。