スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【遊戯王】《幻想の見習い魔導師》について考察!
gensominarai.jpg


こんにちは、褐色パツキン大好き倶楽部 会員の笹川マイスです。

今回は、褐色のパツキン業界に新たな旋風が巻き起こったかもしれない
「幻想の見習い魔導師」について考察していきます。
スポンサーリンク


《幻想の見習い魔導師》
効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1700
(1):このカードは手札を1枚捨てて、手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ブラック・マジシャン」1体を手札に加える。
(3):このカード以外の自分の魔法使い族・闇属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ2000アップする。

今までは遊戯王の褐色のパツキンモンスターといえば、
ライトロード・サモナー ルミナスが不動の1位を確立しており、それ以外の褐色のパツキンといえば
アマゾネスの聖戦士や、サイバー・ジムナティクスといった、筋肉モリモリマッチョマンの変態くらいしか居ませんでした。
まあ、アマゾネスの聖戦士はまだ可愛い部類だが…。
そんな折、唐突として現れたのが「幻想の見習い魔術師」です。

gensominarai.jpg



とはいっても、今までも遊戯王では「マナ」という少女が存在していたので、「青き眼の乙女」の前例もあって似たようなモンスターがOCG化されると予想されてた方は居たと思います。
そういう人達から見れば、唐突というほど唐突ではありませんでしょう。
が、あまり原作・アニメに詳しく無い方にしてみれば、まあまあ衝撃的だったのでは無いでしょうか。

このカードの登場によって、
ルミナスの不動の一位が蹴落とされるという事態が発生いたしました…。


wakariyasuizukai.png

※最近、遊戯王ブログでは「解りやすい図解を載せる事」がアクセスを伸ばす秘訣という話を聞いたので
わかりやすい図解をペイント(windowsXP標準搭載)で作りました。



ただ私としてはルミナスのが良いですね。(個人の見解です)



最近の遊戯王カードは「霊使い」のようなかわいい、スレンダーなカードよりも
このカードのように、色気のあるムッチリとした女性のカード(青眼の巫女、沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン-等)が多く目立っているような気がするのだが…
何か上層部の趣味が変わったのだろうか?
KONAMIの社長が変わった事が関係ある可能性が微粒子レベルで残留している…!?


さて、そんな専門的な事はともかく、効果を解説していきましょう。


このカードは…
手札を1枚切る事によって特殊召喚できる「THE トリッキー」のような効果を持っている。
そんでもって、召喚・特殊召喚に成功した時に「ブラック・マジシャン」をサーチできるオマケ効果つき。

場に出たら師匠を呼べるとは…
主従関係がおかしくありませんかね…?


また、それとは別に墓地に送ることで闇属性・魔法使いの打点を2000アップするという
カルートもびっくりな上昇値を生み出す事が出来る。

闇属性・魔法使い族であればなんでも良いので、戦闘と相性が良い闇属性魔法使い族モンスターと組み合わせる事も可能。

kamenmadoushi.jpg
仮面魔道士(悪魔博士)なんかは、打点が2900になって戦闘ダメージが与えやすくなる。
守備表示だと守備力3400なるので反射はほぼ確定でもらえる。


個人的には【ブラック・マジシャン】のサポートがどーたらこーたらってよりも
これらの妙に汎用性の高い効果から、ドラフトに追加したいという想いが強い。
地味だったランク6も使いやすくなりそうだし…。




そんなわけでこれからの動向に期待したいこのカードなのだが…。


さて、このカード。
「見習い」とはついているが、誰の師匠なのだろうか。


minaraimajutusi.jpg
名前がクッソ似ている「見習い魔術師」のATK400に対して、ATKが2000もあるので
さぞかし優秀な師匠に違いない。



本来、先述した「ブラック・マジシャン」が師匠のように感じるが…
実際のところは「幻想の黒魔導師」が師匠のようである。
c6c66ffe.jpg
名前や褐色パツキンなところに共通点が感じられる。


しかし、そうなると…

何故、幻想の見習い魔導師は召喚・特殊召喚時にブラック・マジシャンを呼ぶのだろうか?


もしかしたら…
見習い魔導師がブラック・マジシャンを呼ぶのでは無く

ブラック・マジシャンが勝手に見習い魔導師の所に来ているのでは無いだろうか?



ストーカーか何かですかね…。
よりにもよって本来の弟子に瓜二つな少女に目をつけるとは…。
いや、弟子だからこそ手を付けられないという誠実さが、似ている少女を付け狙うという動機になっているのかもしれない。

それかただの褐色パツキン好きだな。



さて、そんな異常性愛を持つブラック・マジシャンだが、弟子と瓜二つの少女を付け狙う日々を過ごしている内に
「弟子だから手を付けられない」という誠実さが裏目に出てしまった。


まずは、以下のカードを見てもらいたい。
mazimazimazisyangirl.jpg
マジマジ☆マジシャン・ギャルである。
ブラック・マジシャン・ガールが成長したような見た目をしており、攻撃力もブラック・マジシャン・ガールより高い。
成長している割に、ギャルを名乗っているのは如何なものか。

原作者である高橋和希氏が、ブラック・マジシャン・ガールとして描き上げたものが、
(ZEXAL特有のクソダサネーミングセンスに合わせて)「マジマジ☆マジシャン・ギャル」という名前をつけられてしまった。

…が、本来ブラック・マジシャン・ガールとして描いている為、彼女はブラック・マジシャン・ガールである。



そんでもっかい、幻想の黒魔導師を見てもらいたい。
c6c66ffe.jpg


そしてテキストに注目してみると

akasenhiitayowakariyasui.png


希望皇ホープの上に乗るホープ・レイや、ホープ・ライトニングの様に、
これみよがしに
「マジマジ☆マジシャン・ギャル」の上に乗る事が出来る


希望皇ホープのような進化形態ならともかく…
別人の、しかも異性の上に乗るという事は…



うわぁこれはNTRですね…なんだこれはたまげたなぁ…。



ブラック・マジシャンは弟子と瓜二つの少女を付け狙ううちに
その弟子自体は既に、付け狙った少女の師匠に奪われていた…!?

kawaisisyou.png



しかも、ブラック・マジシャンは、お呼びとあらば
幻想の黒魔導師にデッキから特殊召喚させられる始末。



典型的なヘタレですね…。



所詮、マジシャンズ・ロッドとマジシャンズ・ローブという装備品で、高いステータスを手に入れた
本来攻撃力200の魔法使い。ヘタレなのも、やむ無しか。





みなさんも、道具に頼らずに、実力で自分自身を磨いていきましょう。


スポンサーリンク
コメント
コメント
幻黒とブラマジが同一人物であるという線までは辿りつけなかったか
2016/09/15(木) 04:24:12 | URL | #- [ 編集 ]
微レ残...?
2016/09/15(木) 05:35:20 | URL | #- [ 編集 ]
幻想とブラマジが同一だとすると、
・弟子に手を出すモンスターの屑
・9期強化されてもヘイトを溜めないファンデッキの鏡
・(ブラマジを)出そうと思えば…(モンスター効果)
・エースの王道を往くステータス
・(新しいパックから)出る度に顔が違う
野獣先輩説がより強固になりますね…
2016/09/15(木) 21:01:05 | URL | #- [ 編集 ]
乗っただけエクシーズをそう解釈するとは天才か
2016/09/17(土) 15:15:58 | URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。