スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【遊戯王デッキ】芝刈りライロの先行展開パターン考察
kitaneeketsudana-ofu.png

こんにちは、笹川マイスです。

現在、芝刈りライロデッキにハマっております…。
前にチーム戦で使い始めてからこのデッキを使い続けてます。いや、本当にこのデッキは楽しい。

このデッキは先行も強いですが、後攻も強い。
どんだけ展開されようが芝刈りがあれば巻き返せる。
アホなように聞こえますが真理です。

元から強いデッキであったのに、オフリス・スコーピオなんてカードが出たからますます強くなってしまいました。
灰流うららという芝刈りメタカードが出ましたが、だからなんだという感じですな。
メインデッキに入っている事も少ないですし…プラマイ0という所でしょう。

このオフリス・スコーピオが出ていろいろ考えますが、良いコンボを思いついたのでご紹介。
スポンサーリンク
タイトル通り、先行パターンについての考察です。
まず必要なカードとしては、


「ローンファイヤ・ブロッサム」とモンスターカード1枚。
S__8036354.jpg

モンスターであれば何でも良い。
ロンファは無制限カードである為揃えやすく、モンスターカードは言うまでも無くなんでも良いので
難易度はそこまで高くない。
…そもそもロンファ+魔法4枚だとしたら、それはそれで大展開が出来るハズなので別の先行展開をすれば良いだけの話。
(芝刈りとか開局・蘇生・ソルチャとかになるだろうし)

最初に考えた展開パターン
ローンファイヤ・ブロッサムの効果を発動し、ローンファイヤ・ブロッサムを特殊召喚!というのを2回繰り返す。
その後、ロンファの効果で、「捕食植物オフリス・スコーピオ」を特殊召喚する。オフッ!

《捕食植物オフリス・スコーピオ》
効果モンスター
星3/闇属性/植物族/攻1200/守 800
「捕食植物オフリス・スコーピオ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキから「捕食植物オフリス・スコーピオ」以外の
「捕食植物」モンスター1体を特殊召喚する。

オフッの効果を発動し、モンスターを手札から捨てて「捕食植物ダーリング・コブラ」を特殊召喚する。
コブラの効果で「ブリリアント・フュージョン」を手札に加える。

《捕食植物ダーリング・コブラ》
効果モンスター
星3/闇属性/植物族/攻1000/守1500
「捕食植物ダーリング・コブラ」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが「捕食植物」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。


S__8036357.jpg

もうこの時点で嫌な予感がしますね…。

オフリスとコブラはレベル3なので、案の定インヴォーカーへとエクシーズ召喚し、あとは流れでお願いします。

効果で「十二獣モルモラット」特殊召喚し、モルモラットを素材に「十二獣ワイルドボウ」(またはハマーコング)をエクシーズ召喚。
ワイルドボウくんを素材に、「十二獣タイグリス」をエクシーズ召喚。
ワイルドボウくんをコストに、デッキからモルモラットを特殊召喚。
タイグリスを素材に、「十二獣ブルホーン」をエクシーズ召喚。フゥン!ホォン!
タイグリスをコストに、デッキからモルモラットを特殊召喚。
モルモラットをコストに、デッキから「武神-ヒルコ」を手札に加える。

S__8036358.jpg

もはやお馴染みの光景。
日本のYPでは「もう飽きたよ」という盤面ばかりです(花京院典明)。


この盤面まで来たら、まずはブリリアント・フュージョンを発動し、
デッキから「妖精伝姫-シラユキ」と適当なジェムナイトを融合素材にして、ジェムナイト・セラフィを融合召喚しましょう。

《ジェムナイト・セラフィ/Gem-Knight Seraphinite》
融合・効果モンスター
星5/地属性/天使族/攻2300/守1400
「ジェムナイト」と名のついたモンスター+光属性モンスター
このカードは上記のカードを融合素材にした融合召喚でのみ
エクストラデッキから特殊召喚できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分のメインフェイズ時に1度だけ、
自分は通常召喚に加えてモンスター1体を通常召喚できる。

その後に、モルモラットを2体を素材にして、「武神帝-カグツチ」をエクシーズ召喚。
効果でデッキからカードを5枚墓地へ送ります。

《武神帝-カグツチ/Bujintei Kagutsuchi》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/獣戦士族/攻2500/守2000
獣戦士族レベル4モンスター×2
このカードがエクシーズ召喚に成功した時、
自分のデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。
このカードの攻撃力は、この効果で墓地へ送った
「武神」と名のついたカードの数×100ポイントアップする。
また、自分フィールド上の「武神」と名のついた獣戦士族モンスターが
戦闘またはカードの効果によって破壊される場合、
その破壊されるモンスター1体の代わりに
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事ができる。
「武神帝-カグツチ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

そして、武神-ヒルコをペンデュラムゾーンにセッティングして、効果を発動。
武神帝-カグツチを「武神姫-アマテラス」に進化させます。

《武神-ヒルコ》
ペンデュラム・通常モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻1000/守2000
【Pスケール:青3/赤3】
(1):自分のPゾーンのこのカードを除外し、
自分フィールドの「武神」Xモンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターとカード名が異なる「武神」Xモンスター1体を、
対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
【モンスター情報】
遥か太古の昔に主神の座をかけて「武神-ヒルメ」と戦い、
死闘の末に封印されてしまった悪神。
自らの封印を解くために「ヒルメ」を操り、
禍々しき「アマテラス」を生み出して世界に闇を齎したが、
その野望は「ヤマト」たち若き武神の活躍によって潰えた。

《武神姫-アマテラス/Bujinki Amaterasu》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/獣戦士族/攻2600/守2500
レベル4モンスター×3
「武神姫-アマテラス」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
発動したターンによって以下の効果を適用する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●自分のターン:ゲームから除外されている
自分のレベル4以下のモンスター1体を選択して特殊召喚する。
●相手のターン:ゲームから除外されている
自分のレベル4以下のモンスター1体を選択して手札に加える。


S__8036359.jpg

盤面としては、こんな感じですね。



ここから、場のインヴォーカーと、墓地のロンファと墓地のカードを5枚除外し、シラユキを特殊召喚します。
さらばだインヴォーカーくん…君の役目は終わった…。

《妖精伝姫-シラユキ/Fairy Tail - Snow》
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

そして、アマテラスの効果で、除外されたローンファイヤを特殊召喚し、効果を発動。
効果を4回発動するローンファイヤくんの熱演が光る!
デッキから「グローアップ・バルブ」を特殊召喚する。

《グローアップ・バルブ/Glow-Up Bulb》
チューナー・効果モンスター
星1/地属性/植物族/攻 100/守 100
「グローアップ・バルブ」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合に発動できる。
自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送り、
このカードを墓地から特殊召喚する。


S__8036360.jpg

バルブという時点でもう嫌な時点がぷんぷんしますね…。

さらに展開は続く。シラユキとバルブで星5シンクロモンスターをシンクロ召喚。
こいつは素材用だから別になんでも良い。
そして、ジェムナイト・セラフィと星5シンクロで、「アーティファクト・デュランダル」をエクシーズ召喚。

S__8036361.jpg

まだまだ展開は続く。
ブルホーンの上に、「十二獣ライカ」を乗せて、効果を発動。墓地のモルモラットを特殊召喚する。

《十二獣ライカ》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻 ?/守 ?
レベル4モンスター×2体以上
「十二獣ライカ」は1ターンに1度、
同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、効果が無効化され、X召喚の素材にできない。

ライカによって特殊召喚されたモンスターは、効果が無効化されて、X素材には出来ないが…
シンクロ素材についてはまったく制限が掛かっていない。

よって、墓地のバルブの効果を発動し、バルブを特殊召喚。

S__8036362.jpg


そして、モルモラットと一緒にシンクロ召喚。
地属性と地属性の星5シンクロ…

S__8036363.jpg


ナチュル・ビーストが立つ。
まずいですよ!


これによって、アマテラスの効果によって相手ターンに除外したモンスターを回収でき…
(例:カグツチの効果で手札誘発モンスターが墓地に送られていれば、シラユキで除外して回収)

表側のカードを破壊出来るドランシアがそびえ立ち…
魔法を無効化するナチュビが存在し…
手札入れ替えを行ったり、通常魔法・罠・場のモンスターの効果をブリリアント・フュージョンの破壊(笑)に置き換えれるデュランダルが置いてあり…
あまつさえ、墓地には14枚のカードとシラユキが存在し、モンスターの展開を脅かすというクソみたいな盤面が完成する。

ここまで展開できれば、勝ちというのは早計かもしれないが、余裕を持ってデュエルする事が出来る。



盤面的にはパーフェクト。デッキに不要なカードとしてはせいぜいバルブを入れる事以外は
普通の芝刈りライロデッキと同じ構築である。
…のだが、問題はエクストラデッキ。

この展開をしようと思うと、
「十二獣ワイルドボウ」「十二獣タイグリス」「十二獣ブルホーン」「十二獣ドランシア」「M.X-セイバー インヴォーカー」
「武神帝-カグツチ」「武神姫-アマテラス」「ジェムナイト・セラフィ」
のいつものメンツについては問題なのだが、これに加えて

「十二獣ライカ」「星5シンクロ」「アーティファクト-デュランダル」「ナチュル・ビースト」
と、4枚ものカードを投入しなければならなくなる。これは痛い。
こうなると、12枚ものカードが固定されてしまい、自由に使えるカードが残り3枚となってしまう。

S__8036356.jpg

まあ、ギリギリ許容範囲っちゃ許容範囲ではあるのだが…あまりにもキツい。





そこで、このパターンより弱くなっても良いので、エクストラにもうちょっと余裕が出来るパターンは出来ないか考える。
導き出した答えは、「十二獣ライカ」と「ナチュビ」は入れるという事。
しかし、デュランダルなどは入れない為、初手にロンファとモンスター1体だけでは十分な展開が出来ない。
その点も踏まえて、以下の6パターンを考えた。
カグツチの墓地送りによって展開が変わる事があるが、それを言うと終わりが見えないのであくまで初手の状況のみによる。

パターンA
他に手札と墓地に良いカードが無い場合の展開。
必要な初手「ロンファ」+モンスター1体

S__8036364.jpg

この展開は、セラフィで追加召喚も出来ない・カグツチで良いカードも落ちなかった…という時に行う展開。
シラユキでセラフィを除外し、アマテラスを星4を引っ張って来て、ミネルバを作る。そして墓地肥やし。
もはやライカもナチュビも使わない。しかし、墓地にシラユキがありドランシアが居る事には代わりが無い為、十分妨害は可能。
また、ミネルバの落ちの状況によっては大きく展開出来る場合がある(バルブが落ちればライカを出してナチュビが作れる)
その場合インヴォーカーが邪魔になるので、シラユキでインヴォーカーを除外するかは悩みどころ。
悩みどころさん!?まずいですよ!
また、デッキにエンジェル・トランペッターを入れると、ミネルバをΩに変える事が出来る。



パターンB
こちらも同じく、他によいものが無かった場合の展開。
必要な初手「ロンファ」+モンスター1体

S__8036366.jpg

Aパターンとは違い、ミネルバは出さずナチュビを無理やり出すという方法。
その場合、シラユキはフィールド上に出しっぱなしである。
Aパターンと比べ、対モンスターに不安が残るが、魔法の封殺が可能。
ミネルバのギャンブル墓地肥やしに賭けずに安パイを掴むなら、こちら。
また、言うまでもなく魔法封殺が有利に働くデッキならばこっちである。
相手が60枚デッキであれば、芝刈り系orペンデュラム系のどちらかである可能性が非常に高い為
魔法封殺がよく効く。相手のデッキ枚数によってBパターンにするかAパターンにするか決められる。



パターンC
必要な初手「ロンファ」+モンスター1体+星4モンスター

S__8036365.jpg

セラフィの効果で星4モンスターを追加召喚をした後、セラフィとインヴォーカーとロンファ等を除外してシラユキを出す。
シラユキと星4でミネルバになり、あとはロンファを呼び寄せてバルブとライカでナチュビになる。
要はパターンAとBのいいとこ取り。
場に星4が出せればこのパターンに移行できるので、蘇生・会局・ソルチャでも出来るし
カグツチでウォルフやトリック・クラウンが落ちたり、馬頭鬼とアンデが落ちてもこのパターンを作れる。



パターンD
必要な初手「ロンファ」+モンスター1体+星4チューナー

S__8036367.jpg

パターンCの亜種で、ミネルバでは無くてΩを出すパターン。妨害要因が増えるので、基本的にはこっちのが強い。
星4チューナーはエンジェルトランペッターや、ライデン…墓地からアンデを送ってレベルが上がったユニゾンビが挙げられる。



パターンE
必要な初手「ロンファ」+モンスター1体+星3非チューナー

S__8036368.jpg

最終的な盤面はパターンDと同じ。
星3モンスターとシラユキ・バルブをシンクロ召喚してΩを出し、あとはナチュビを出すというもの。
バルブの効果を使い、2回シンクロ素材に使う。



パターンF
必要な初手「ロンファ」+モンスター1体+星3チューナー

S__8036369.jpg

ここで使う星3チューナーとは、幽鬼うさぎや、浮幽さくら、灰流うららなどの事になる。(ユニゾンビはレベルを変えれば良い)
星3チューナーとセラフィをシンクロしてΩを出し、インヴォーカーとロンファ等を除外してシラユキを出す。
場が埋まってしまうので、Ωを予め除外し、その後ナチュビを作る。
そのため、シラユキは場に残ったままとなる為、Aパターンにハンデス1枚が追加されたようなカタチになる。
星3チューナーは、シラユキで除外してアマテラスで回収できるので、使っても問題無いが
他の手札誘発が墓地に送られているとなるとここまで展開するかは悩みどころ。



という、6つのパターンに分けられる。
強いのは
ナチュビ・ドランシア・アマテラス(+回収)・Ω・墓地シラユキの布陣が出来るDパターン(星4チューナー)、Eパターン(星3非チューナー)なので、それを目指すようにする。


一番最初に考えたパターンと比べて必要な手札の枚数は増えるし、デュランダルは出せないがまあそれにも劣らない強烈な布陣。
エクストラも自由枠が5つある為、お好みのカードを入れやすい。
ちなみに、現在のメインデッキとサイドデッキはこちら。


S__8036371.jpg


S__8036370.jpg


メインデッキに関しては、オネストと聖杯と障壁がまだ上手いこと出来るはずだと推敲している所ですが
環境によってはマンティコアの投入もありですし楽しいところですね。

エクストラに関しても、ドランシアを2入れるかどうかは悩みどころです。
ちなみに、マンティコアを入れるならブルホーンは2にする必要があるのでどれかを削らないといけないです。
後攻の時くらいしか必要のないビュートはサイドに移行しても良いかもしれません。
カステルはお好みによるでしょう。私は必要だと思ってます。


というわけで、現在の芝刈りライロの考察でした。
このデッキはモルモラット展開との相性がバツグンで純十二獣より動きが美しいのですが
おそらくあと2ヶ月でこのデッキは使えなくなるでしょう。
というか使えなくなった方が良いでしょう。



また良いデッキを見つけたらどんどん考察していきます。それじゃまた来週。

スポンサーリンク
コメント
コメント
質問失礼します
このメインで後攻でマスターpの突破はどのように考えてますか?
2017/01/21(土) 08:57:53 | URL | むにゅ #- [ 編集 ]
まず現在のメインだとまともに突破できないんで、その辺を考えているところです。

メインのオネストの枚数を増やしたり、エクストラのビュートやカステル抜いてオニマル又は牙王を入れたりして対抗する感じですね。
2017/01/21(土) 09:28:23 | URL | 笹川マイス #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。