スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【遊戯王】ツクシー高等不可避!《拮抗勝負》について考察!
kikko.jpg

こんにちは、笹川マイスです。

今回は、サーキットブレイクで登場した強力な罠カード
《拮抗勝負》について考察していきます。



あまりにも強力な故、このカードをデッキに入れずデュエルをするのは、
ある意味縛りプレイとも言える。
その名も拮抗縛り…いや、この話はやめよう。
スポンサーリンク


通常罠
自分フィールドにカードが存在しない場合、
このカードの発動は手札からもできる。
(1):相手フィールドのカードが自分フィールドのカードより多い場合、
自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。
自分フィールドのカードと同じ数になるように、
相手は自身のフィールドのカードを選んで裏側表示で除外しなければならない。

罠カードでありながら手札誘発。
そもそも大体の場合、自分の場にカードが無い状況になった際に発動する事がほとんどである為
伏せてから発動するという事自体が珍しい。

こうなってくると、もはや罠なのかどうかも怪しい。


おそらく、先行の展開やぶん回しを抑制する為に作られたカードであり
なんの考えも無しにぶん回してしまうと、大幅なダメージを受けてしまう。

しかし、バトルフェイズの終了時という関係上、1ターンキルを防ぐ事は出来ない。
逆に、1ターンキルを仕掛ける為に邪魔なカードを除去して、その後1ターンキルというのも出来ない。


上手い事強さが調整されているカードである。

また、このカードの存在を予測し、ケアして動く事は出来るため
そこまで強力かと言えば、そうでもない。

この「拮抗勝負」自体がカード1枚として計算するため
本命のカードについては残す事が出来るのも要因の1つ。

まあそれでもペンデュラム系のデッキや、命削り系のデッキには悪夢のようなカードではあるが。


このカードの強さを最大限発揮するならば、相手の本命のカードもろともぶっ潰すのが良い。

そこで今回登場するのが…


「トークン」である。



実はこのトークン、裏側表示という概念が無い為
裏側表示で除外する事が出来ない。

その為、拮抗勝負を発動されてしまうと
「自分の場に残すカードにトークンを必ず選ばなければいけない」
という事態が発生してしまう。

トークンを残して、相手がら空きの場でバトルフェイズに入るのは…やめようね!



その為、相手に展開をされたら、自分のターンで
相手にトークンを渡してバトルフェイズ終了時に拮抗勝負を発動すれば多大なるアドバンテージを得る事が出来るのだ。



…ではどうやってトークンを相手に渡すかである。

相手の場にトークンを精製するカードとしては
「ブラック・ガーデン」や「ロストワールド」が思いつきやすい。

lostworld.jpg

しかし、これらのカードはフィールド魔法であり、事前に自分の場にモンスターを出す必要がある。

つまり「拮抗勝負」と合わせて計3枚が場に存在する状況であり、そのような状況では結局トークン以外のカードを残す事が出来る。
これでは意味が無い。



次に、「ワンタイム・パスコード」又は「デビルズサンクチュアリ」を「シエンの間者」で渡す方法である。

onetime.png

召喚権も使わず、エンドフェイズ時にトークンが自分の場に戻ってくる為、
名実ともに相手フィールド上のカードを全部裏側除外する事が出来るコンボとなる。

しかし、そのために必要なカードが3枚というのはかなり重い。
ワンタイム・パスコードはともかく、シエンの間者は単体ではしょうもなさすぎるカードであり
使い所がこのコンボしか無い。


そんなわけでこの案も却下。


という訳で、出て来るのが、ツクシーである。


ではツクシーの効果を見てみよう。

tsukushi.jpg
《ツクシー》
効果モンスター
星2/風属性/植物族/攻 400/守 500
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
相手フィールド上に「ツクシトークン」
(植物族・風・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンが植物族モンスターとの戦闘によって破壊された場合、
このトークンのコントローラーは手札を1枚墓地へ送る。


戦闘破壊された場合、相手の場にトークンを精製する効果を持っており
なおかつそのトークンもデメリット持ちである。


召喚権は使ってしまうが
このカードを召喚し、相手のモンスターに自爆特攻し、トークンを精製する事で

こちらの場には何も無く、トークンを相手に渡す事が可能となる。
そこで「拮抗勝負」を発動すれば、相手はデメリット付きトークンを残して全部裏側除外をせざるを得なくなる。


これはうっおとしい。




ツクシー単体での使い道は乏しいが、幸いにもこのカードは植物族。
デッキにピン指ししても、ロンファで引っ張ってくる事が可能。



植物族デッキであったり、ロンファを使うデッキでは、このツクシーと拮抗勝負のコンボが
思いの他活躍する …かもしれない。




ブログランキング。気に入ったらスイッチ・オン!


スポンサーリンク
コメント
コメント
ならばチュウ・ボーンも?
2017/07/12(水) 02:32:32 | URL | #- [ 編集 ]
失礼ながら、個人的には実用性はそんなにないかと。
自爆特攻ということは自分ターンに拮抗を発動、つまりトークン1体を相手に渡した状態で相手にターンを渡すのは微妙かなとは思います。ツクシーと拮抗で最低でも2枚消費しているので、この環境の展開を止められるとは考えにくいです。
2017/07/12(水) 03:08:48 | URL | #- [ 編集 ]
わざわざ自爆特攻しないといけない時点でなぁ。
同じ植物族でもサボウ・ファイターとかシード・オブ・フレイムとか、受動的かつコンボの中で一番自然に条件満たせるやついるし。
サボウ・ファイターと猛突するモンスターの2枚で無限ループも出来るし、ツクシーよりリスク低いと思うよ。
2017/07/12(水) 09:09:14 | URL | #- [ 編集 ]

「一番」は予測変換で出ちゃっただけなんで
全然意味ありません。相性良いカードはもっと色々
探せばたくさん見つかるでしょうしね。
2017/07/12(水) 09:13:47 | URL | #- [ 編集 ]
本文でも触れられているけどこのカードが力を出せるのは後攻1ターン目
その状況でほぼ確実に任務を遂行すると考えると他の人が挙げられている中ではツクシーが一番かと
2017/07/12(水) 10:30:27 | URL | #- [ 編集 ]
いや、どうみてもインフェルノイドヴァエル使った拮抗勝負のほうが酷いでしょ、バトルフェイズ終了時に①発動、自身をリリースして②をチェーン、拮抗勝負をチェーンすると相手フィールド全除外とか。
2017/07/12(水) 12:42:21 | URL | #- [ 編集 ]
インフェルノイドヴァエルじゃ耐性持ち除外できないからコレとは違うと思うけど
2017/07/12(水) 15:48:46 | URL | #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> ならばチュウ・ボーンも?

チュウ・ボーンは逆に3体も出してしまうのがネックですね。
それが強い事もありますが…。
アイヴィ・ウォールとかで良いかと思います。
2017/07/14(金) 00:43:20 | URL | 笹川マイス #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 失礼ながら、個人的には実用性はそんなにないかと。
> 自爆特攻ということは自分ターンに拮抗を発動、つまりトークン1体を相手に渡した状態で相手にターンを渡すのは微妙かなとは思います。ツクシーと拮抗で最低でも2枚消費しているので、この環境の展開を止められるとは考えにくいです。

まあ、ここまで書いといてアレなんですけど…
まず自爆特攻自体が成功しない環境なんですよね。
ボウテンコウは守備表示だし、ABCは特攻前に除外されるか、トークン自体を除外されるか、
メルカバーはトークン精製に妨害を打たれるかですからね。
まあ、ツクシーの自爆特攻程度にABCやメルカバー発動してくれるのも嬉しい所ですけど。
2017/07/14(金) 00:45:48 | URL | 笹川マイス #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> いや、どうみてもインフェルノイドヴァエル使った拮抗勝負のほうが酷いでしょ、バトルフェイズ終了時に①発動、自身をリリースして②をチェーン、拮抗勝負をチェーンすると相手フィールド全除外とか。

拮抗発動→チェーン①→チェーン②ですかね。
たしかにこれ強いっすね…。ノイドでは自然にこのコンボ出来そうだから期待できますね。
2017/07/14(金) 00:49:47 | URL | 笹川マイス #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> インフェルノイドヴァエルじゃ耐性持ち除外できないからコレとは違うと思うけど

ヴァエルの効果で除外するのは拮抗勝負なので、多分耐性持ちは大丈夫じゃないかと思います。
問題があるとすればヴァエルを出すまでの重さと、戦闘を介して破壊されない事ですかね。
2017/07/14(金) 00:51:24 | URL | 笹川マイス #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 本文でも触れられているけどこのカードが力を出せるのは後攻1ターン目
> その状況でほぼ確実に任務を遂行すると考えると他の人が挙げられている中ではツクシーが一番かと

一番シンプルなのはツクシーで間違い無いんですけど、あとはそれが出来る環境ですね。(いつもの結論)
2017/07/14(金) 00:52:29 | URL | 笹川マイス #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> わざわざ自爆特攻しないといけない時点でなぁ。
> 同じ植物族でもサボウ・ファイターとかシード・オブ・フレイムとか、受動的かつコンボの中で一番自然に条件満たせるやついるし。
> サボウ・ファイターと猛突するモンスターの2枚で無限ループも出来るし、ツクシーよりリスク低いと思うよ。

こう見ると相手にトークン渡すの植物族が圧倒的に多いですね…。
アイヴィウォールも植物ですし。
リスク無しで考えたら多分コンボなしで拮抗勝負発動するだけが一番強いんですよね。元も子も無い。
2017/07/14(金) 00:54:23 | URL | 笹川マイス #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。