スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【遊戯王】西部アド開拓時代。期待の新鋭「魔弾」デッキ考察!
madannosyasyu.jpg

こんにちは、笹川マイスです。

今回は、8月11日に発売されるデッキビルドパックで登場する「魔弾」について考察していきますよ。
スポンサーリンク


久しぶりに登場した、「分かりやすく強い」テーマです。
10期始まって、なかなかこの分かりやすくて強いテーマが登場しなかったので、ちょっと嬉しいですね。

実際の所は、まだ強さは未知数ですが…個人的には、かなり期待できるテーマだと思います。

あと、「魔弾の射手」と「西部開拓時代」をモチーフにしたテーマってのもめっちゃ気に入っているポイントです。
ビリー・ザ・ショット…ブラスター・キッド…じゃない…えーと、そうそうビリー・ザ・キッド!っぽいのも居ますからね。



という訳で早速カードを紹介していきます。
まず、「魔弾」モンスターについて。

魔弾モンスターは、ほぼ同じ効果を持っており、なおかつすべて光属性・悪魔族と非常に分かりやすい。
カードの効果はだいたい以下のような感じです。

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。
「~~固有効果~~」


といった感じです。

「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる、失楽の聖女やアトラの蠱惑魔のような効果を持っています。
なおかつ、それを同じ縦列で発動すると、(2)の固有効果を発動し、アドバンテージを稼げます。

(2)の発動は、別に「魔弾」魔法・罠カードでも無いので、発動さえ出来れば、別の魔法・罠カードでも大丈夫です。



では、それぞれのモンスターについて大まかに紹介していきます。

※魔弾の公式画像は、諸事情により載せる事が出来ませんので代理の画像となります。ご了承下さい。



魔弾の射手 カスパール
pasukaru.jpg
効果モンスター
星3/光属性/悪魔族/攻1200/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。
その発動したカードとカード名が異なる「魔弾」カード1枚をデッキから手札に加える。



魔弾の射手 スター
sutarmeikan.jpg
効果モンスター
星4/光属性/悪魔族/攻1300/守1700
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。
デッキから「魔弾の射手 スター」以外のレベル4以下の「魔弾」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。



魔弾の射手 ザ・キッド
thekid.jpg
効果モンスター
星3/光属性/悪魔族/攻1600/守 200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合、
手札から「魔弾」カード1枚を捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。


魔弾の悪魔 ザミエル
zamieru.jpg
効果モンスター
星8/光属性/悪魔族/攻2500/守2500
このカードは「魔弾」モンスター1体をリリースして表側表示でアドバンス召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):相手エンドフェイズに発動できる。
このターン、このカードが表側表示で存在する間に自分が発動した「魔弾」魔法・罠カードの数だけ、自分はデッキからドローする。



以上が、主要のモンスターといった所でしょうか。

他にも、
「墓地から魔弾カードを回収するドクトル
「墓地から魔弾モンスターを特殊召喚するカラミティ

が居ます。
この辺は後半の効果になるので、採用する余地はあってもスターや、パスカールよりかは少なめになるでしょう。



基本の動きとしては

「スターでカスパールを特殊召喚し、カスパールで魔弾カードをサーチする。」

となります。

なんかインゼクターを彷彿させる動きですね…。


上記の基本の動きを中心に、ザ・キッドやザミエルでドロー加速をして相手とアドバンテージ差を開いていきましょう。



では次に、「魔弾」魔法・罠カードについて紹介していきます。



魔弾-デスペラード
desupera-do.jpg
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「魔弾」モンスターが存在する場合、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。



魔弾-クロス・ドミネーター
emmynoether.jpg
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「魔弾」モンスターが存在する場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力・守備力は0になり、効果は無効化される。



魔弾-デビルズ・ディール
thedeal.jpg
永続罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する存在する限り、
自分フィールドの「魔弾」モンスターは効果では破壊されない。
(2):このカードが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「魔弾-デビルズ・ディール」以外の「魔弾」カード1枚を選んで手札に加える。



他にも、
「魔弾の打点を倍にして直接攻撃不可にする速攻魔法、ネバー・エンドルフィン
があります。
ただ、こちらは殆どクロス・ドミネーターで大丈夫な為、マスターP突破用として1枚積むかどうかといった所でしょう。


相手ターンを迎え撃つ事において、
「デスペラード」「クロス・ドミネーター」は極めて強力で


魔弾モンスターが立っていて、手札があると…
相手は
表側表示カードが破壊される事と、モンスターの効果が無効化され打点が0になる事に怯えて
動かざるを得なくなります。

それらをケアして立ち回るとなると、思い切った動きが出来なくなったり…余計な動きをする必要があったり、
一か八かの勝負に出たりする必要があります。

その、一か八かの勝負でピンポイントで、これらのカードを撃ち抜くと、大ダメージを与えられます。


魔弾モンスターを先に処理をしようにも
「デビルズ・ディール」を発動されれば効果破壊すらできなくなります。




魔弾、強くないですか?
個人的にはめちゃくちゃ強いと思うんですけど。


このデッキの面白い所は、駆け引きも出来る所なんですよね。


たとえば、魔弾の(2)の効果がある為、相手は「魔弾と同じ縦列」上で魔法・罠カードを発動したくありません。
ここが非常に面白い。


一番分かりやすいのが、ペンデュラムテーマです。


ペンデュラム召喚はルール改定によって、スケールは魔法・罠カードの両端にセッティングする必要が出てきました。


その為、魔弾モンスターを両端に置いておくことで

相手はスケールのセッティングすら躊躇してしまう。
といった事になってしまいます。

スターの効果でカスパールを特殊召喚し、それぞれが両端に居るともう相手からしたらウンザリするでしょう…。
しかもカスパールの効果でデスペラードをサーチされたらスケールを1個破壊されてしまうかもしれない。


その為、このデッキの基本として

魔弾モンスターは両端に置く

というのを、覚えておくと良いと思います。





さて、次に魔弾と相性の良いカードについて考察していきます。

魔弾はおそらく、元ネタからして
下級モンスターは6体、ザミエル入れて7体
魔法・罠は6枚または7枚であると考えられます。

(原典の「魔弾の射手」では魔弾は7発用意され、その内1発が"悪魔の弾丸"である為)
ちなみに現在判明しているのは、モンスターは計6体、魔法・罠は4枚


そうなってくると、結構カードの総数が多いテーマとなるので、他のテーマと混ぜる必要は無いかもしれません。

となると、あとは相性の良い魔法・罠カードで固めたり、少数のテーマカードだけを混ぜる程度で良いと思います。


(2)の効果の性質上、魔法・罠カードについては
アドバンテージを失わず、自分フィールド上にモンスターがいても発動出来、他のカードの発動を阻害しないカードであり…
罠カードについてはフリーチェーンのカードが良いものとなります。



例えばまず必須級のカードとして

成金ゴブリン
narikingoburin.jpg

コレです。
相手にライフを回復させるので、遅延する奴にはちょっとキツイですが…
魔弾関係なく強力なカードで、アドバンテージを失わず魔法カードを発動出来るので、必須では無いかと思います。
後述する「同胞の絆」などの強力なカードを引き込む為にも、デッキ枚数は40枚にしておきたい所ですが
このデッキに限っては、デッキ枚数が40枚以上であっても、このカードを入れる余地はあるでしょう。



他にも…


同胞の絆
douhounokizuna.jpg
特にこれがつぇえんだ。
下級だけで相手ターンを渡せるデッキで、エクストラから無理にモンスターを出す必要も無いので
このデッキとの相性はX-GUNです。
カスパール、ドクトル、ザ・キッドはレベル3なので、同胞の絆でお互いを特殊召喚しまくれます。
魔弾サーチ、魔弾回収、ドロー加速とやりたい放題
スター、カラミティのレベル4達については今のところ魔弾のみで同法の絆で特殊召喚出来ませんが…
おそらく、先述の「あと1体の魔弾モンスター」はこのレベル4モンスターであると考えられる為、大丈夫でしょう。
ただ、同胞の絆使ったら特殊召喚出来ないので、相性はやっぱり良く無いんですけどね…。



封印の黄金櫃
ougonhitsu.jpg
一時的にアドバンテージは失ってしまうが、デッキから強力なカードを2ターン後に手札に加えられる。
このデッキのスピードは遅いため、2ターン後でも十分。
今まで征竜除外してカードをサーチしたり、ネクロフェイスでついでに5枚除外されたり、ジャイアントレックスを特殊召喚したり
まともな使われ方をしなかった当カードであるが、このテーマにおいては正規の方法で使えるデッキである。



強欲で貪欲な壺
goudon.jpg
アドは稼げるが、ギャンブル要素のある当カード。
「どうせゴードンでサーチしたいカード除外されるから要らねーよバーカ」という宗教に入っている人にはおすすめできないが
そうでは無い暴虐非道な人にオススメ。



簡易融合
kaniyugougou.jpg
星3や、星4モンスターを出して、エクシーズ召喚に繋げたり
デストーイ・チェーン・シープを出して、リンク召喚(アカシック・マジシャン)に繋げたり
ライディーンを出して、相手モンスターを裏守備にしたり、パンツァードラゴンで破壊に繋げたり出来ます。

ただ、先述の通り、あまりエクシーズに頼るようなデッキでも無いので今のところはなんともいえないですね。
魔弾では突破出来ない墓地での効果発動の阻止(ホープ・ザ・ライトニングや深淵に潜むもの、ラプソディ)や
伏せ破壊(ダイヤウルフ)、全体除去(ビュート)、破壊以外でのモンスター除去(カステル)
などに使える感じですかね。







と言った感じです。
基本的には発動条件さえ緩ければほとんどの魔法・罠カードは相性良いので
まだまだ候補は出てきます。



久しぶりに組みたいと思えるテーマが出てきたのでガッツリ考えていきます。
はやく8月11日なんねーかな。




ブログランキング。気に入ったらスイッチ・オン!


スポンサーリンク
コメント
コメント
管理人それザミエルやないザビエルや
2017/07/14(金) 00:58:48 | URL | #- [ 編集 ]
魔弾ってなんかデュエマみたい。
2017/07/14(金) 16:46:41 | URL | #- [ 編集 ]
俺は手札に「悪魔の弾丸」を仕込んだ。
そして君のターンで俺の勝利は確定する。
2017/07/14(金) 21:16:41 | URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。