【遊戯王】《屋敷わらし》について語るぜ!
e13fe2f5.jpg

こんにちは、笹川マイスです。

今回は「屋敷わらし」について考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

yasikiwarashi.jpg

《屋敷わらし/Ghost Belle & Haunted Mansion》

チューナー・効果モンスター
星3/地属性/アンデット族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その発動を無効にする。
●墓地からカードを手札・デッキ・EXデッキに加える効果
●墓地からモンスターを特殊召喚する効果
●墓地からカードを除外する効果
遊戯王wikiより引用




ゴスロリ姿が特徴の手札誘発モンスターの新鋭です。
後述する手札誘発娘の中でも洋風なのが特徴で…ちょっと年齢も上っぽく見えますね。


しかしまあ名前がやしきたかじんに似てる。
yashikitakajin.jpg


私自身、「屋敷わらし」でググろうとして「やしきたかじん」と検索してしまった事が過去2回ぐらいあります。

これは由々しき事態で…
インフェルノイドが登場して「インフェ」という略称が使えなくなった感覚に似てます。
「わらし」と言おうとしたら「たかじん」と言ってしまって本格的に何言ってるか分からなくなる事もしばしば。

本当にややこしいので改名してください。
お願いします。


これをそこまで言って委員会の題材にすると、ほとんどのパネラーは「改名すべき」としてくれるはずです。







そんな専門的な事はともかく、この屋敷わらしですが…
いつも2月ぐらいに出てくる、四季をモチーフとした手札誘発娘の仲間です。

幽鬼うさぎは「雪」で 
card100021524_1.jpg

浮幽さくらは「桜」で 、そして「冬」でそのまま 

card100031518_1.jpg

灰流うららは「春」で 
card100046431_1.jpg


というふうに、四季に関連する名前が入っているのが特徴でしたが…
この屋敷わらしには、直接的な四季の名前が入っておりません。

しかし、その代わり
「屋敷」の中に「しき」という字があります。よって四季シリーズとなっております。強引ですね。

…しかしまあ、こう見ると屋敷わらし自体はともかく
「春」と「冬」だけやけに偏ってますね。
いつ「夏」と「秋」は出てくるのか。


四季の中でも、「春」と「冬」がやたらと取り上げられている…となると
アレを連想させてくれますね。




そうです

ヴィヴァルディの四季です。
Vivaldi.jpg



これも「春」と「冬」だけやたら有名で
ほとんどの人は聞いたらピンと来ると思います。






「夏」や「秋」も良い曲なのですが、やはり知名度的には落ちてしまう所があります。




さて、「幽鬼うさぎ」「浮幽さくら」「灰流うらら」などの手札誘発娘たちが「春」や「冬」の楽曲だとしたら、


「屋敷わらし」はその名の中に「しき」を持つ「四季」を束ねる存在…





つまりヴィヴァルディ本人です。
vivachan.jpg


ヴィヴァルディは今となっては有名な作曲家ではありますが…色々と不遇な人物でして
ある程度の蓄財はあったとされますが、晩年は皇帝が死亡し喪服期間中になり予定されていた公演ができなくなり
大きな損失を抱える事に。
その上、喪服期間中の一切の興行ができないまま、渡航先のウィーンの宿舎で死亡してしまいました。


しかし、一旅行者の死亡として処理され、ウィーンの共同墓地へ埋葬。遺体が祖国に帰る事すらできないまま
その後、その共同墓地は取り壊されました。

跡地には現在のウィーン工科大学があり墓碑もありますが…
まあ、有名な作曲家とはいえ、あまりにも死亡後の処理が雑な気がしてなりません。
(祖国で有名だったとしても、渡航先のウィーンではあまり有名でなかったからかもしれませんが)



失意のまま死亡するとなると、霊として現れても不思議ではありません。
屋敷わらしの顔色があまり良くないように見えるのも、ヴィヴァルディ自身生前あまり体調が良くなった事と関係あるでしょう。








性別が違う?



織田信長もいろんな作品で女体化されてんだからヴィヴァルディも女体化されてもええやろ。






というわけで、屋敷わらしはヴィヴァルディである。




ブログランキング。気に入ったらスイッチ・オン!


スポンサーリンク

テーマ:遊戯王 - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する