【遊戯王】マッスル笹川の「パラディオン」デッキ講座
sinjunoparadexion.jpg
みなさん、はじめまして!
筋肉モリモリ18年、マッスル笹川です。よろしく!


みんな筋肉は好きかい?

すごいぞ。筋肉は。ええ?オイ。

筋肉はもうすげぇんだ。
な?筋肉はもう…

ええ?

んん?

すごいぞ?


お前はプロテインか? な?

え? 


じゃあ今回は、パラディオン、紹介してやっから。

な?


えぇ?

うん。

スポンサーリンク


マッスルその1
「パラディオン」カード解説


神樹のパラディオン
macho002.jpg
おまえ、これアレやぞ…
チューナーやぞ!
パラディオンでもうチューナーってのはすごいんやぞ?
わかるか?
手札から出せちゃうからな!
筋肉で例えるなら、腹筋というべきかな。
こいつはパラディオンだ。


魔境のパラディオン
macho004.jpg
パラディオンで言うところの、大円筋のようなカードだな!
大円筋わかるか?この脇の下のあたりの筋肉やぞ。
クルセイド・パラディオンで出したら強いから…、除去カードだな!


百獣のパラディオン
macho003.jpg
こいつはライオンだな!
筋肉で言う所の大腿二頭筋…ハムストリングスだ!
ハムストリングのいい画像が無かったから、マッスルで我慢してくれ!
そう、こいつは円の下の力持ちみたいなカード…つまりは筋肉だ。
偉大だろ?筋肉は?ええ?
レスキューキャットから出せるから、これはもう強いぞ。
強ければ強いほど良いな!


星辰のパラディオン
macho001.jpg
上腕二頭筋はマッスルの基礎だ。
そして、星辰のパラディオンもマッスルの基礎だ。
墓地から回収する展開の要、マッスルの要はプロテイン。
よってマッスル&プロテインだ。




マッスルその2
「パラディオン」で展開しよう

ええかお前ら、マッスル笹川がパラディオンで展開しちゃるけぇのぉ。
よぉ見とれよ。

まず、この2枚を使った展開からだな!
筋肉があればカードは引ける。
ストレッチをするような、軽い感じでデッキからカードをドローするんだ。

いいか落ち着け…

筋肉は逃げない。筋肉を我が子のように優しく、そして厳しく接するんだ。

そうそうその調子…

いいぞ…


よし!カードがドローできたな!


では始めようか!


S__5390338.jpg

まず、ここに2枚のパラディオンがいる。
片方はコイツでいいな。こいつはあれだから。チューナーだから。
もう片方はなんでも良いが…まあ、コイツで良い。
同名じゃなければOKだ。同名だとダメなのは、特殊召喚効果がターン1だからだな。

別にチューナーの奴が居なくてもなんとかなるが、一番強いパターンは神樹が居るパターンかな。
時点で星振が居るパターンだ。
どっちかが居なくても、パラディオンが2種3枚以上揃っていたら、なんとかなるんだ。
それが、筋肉というものだ。

しかし、覚えておいてほしい。
筋肉はお前を裏切らない。
だが、お前が筋肉を裏切ったら、筋肉もお前を裏切ると思え。



S__5390339.jpg

じゃあ展開していくぞ、まずはハリファイバーだ。
途中で、マギアスのパラディオンを挟んでサーチをするんだ。こいつを。
で、あのー、もう1体の方を回収するんだ。まずここから行こう。

ハリファイバーから出すモンスターはあいつだ…えーと名前なんだったかな。
まあ、画像参照だ。


S__5390340.jpg

途中でシンクロを出すんだ、レベル7で…あのー、遊星が使ったカード
あれで、墓地にシラユキを落としつつレベルを3にする。
そんで、レベル3とレベル3で、リンク召喚をするんだ。あいつを、出す。
で、墓地にダンディを落とす。
君も、ダンディな男になりたければ、マッスルを鍛えるんだな…。
ダンディを落とすとトークンが出る。トークンとは象徴の事だ。
マッスルの象徴…つまりは筋肉だ。

忘れるな マッスル筋肉 プロテイン (第29回筋肉川柳・最優秀作品)


S__5390341.jpg

筋肉と遊戯王は表裏一体だ。
男の手札シャッフルは、シャカパチ…いやムキムキである。

S__5390342.jpg


S__5390343.jpg

と、フィールド上にアークロード・パラディオンナチュル・ビーストクルセイド・パラディオン
墓地に妖精伝姫-シラユキ、そしてリンクリボー(フィールド上にレベル1が居るため、すぐに蘇生可。希望があればプロテインも可。)

という布陣ができあがるのだ。
是非、参考にして欲しい。




スポンサーリンク


マッスルその3
~ザ・ファイナルマッスル~
このデッキを使うにおいて

見ての通り、このデッキは「チューナーを含むパラディオン2種」という非常に緩い条件で大展開が出来るデッキだ。

その分、ダンディライオンやシラユキというアナボリックモンスターも入れる必要があるが、そこは筋肉だ。
たしかに手札に来ても嬉しいモンスターではないが、トロイメア・ゴブリンというマッスル・アナライザーを投入する事で
手札に来たダンディライオンを捨てる事ができる。

つまり、「手札に来てはいけないモンスター」というものが無いのだ。
ここがマッスルポイント。


\マッスル盛!/

すいませんマッスル盛が出てしまいました。


あと、このデッキは後攻における殺傷筋力も太いのもポイント。
そもそもこのデッキはパラディオンだからな…「壊獣」カードも入れやすい。

特にソーサレスで、黒筋肉モリモリのウィッチを持ってきて墓地に送った場合、
すぐにドゴランをサーチできる。しかも、そのまま場にも出せるぞ。
なにせコイツは筋肉の塊みたいなものだからな…。


先行でも後攻でも、ある程度の強さを見込めるというのが、パラディオンの強みだ。
是非、君たちも筋肉の限界に挑戦して欲しい。



それではこの辺でステロイド。
これで君もマッスル・デュエリストだ!




ブログランキング。気に入ったらスイッチ・オン!
コメント
コメント
最後にステロイドに頼った
よって将来禿げる
2018/08/05(日) 07:58:03 | URL | はげ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する