【遊戯王】《ハーピィ・レディ・SB》について語るぜ!
card73710871_1.jpg

こんにちは、笹川マイスde成子坂です。
久しぶりのカード単体での更新ですね。 
「下世話な遊戯王wiki」を目指していた割には更新頻度が気が向いたら貧弱すぎる。
今の所全カードの0.1%くらいしか制覇していない気がします。

そんな専門的な事はともかく、今回は「ハーピィ・レディ・SB」です。
というのも、今回はデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-でハーピィが強化されたので
それにあやかっての便乗記事ですね。アクセス稼ぎたいんで。

《ハーピィ・レディ・SB/Cyber Harpie Lady》
card73710871_1.jpg
効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1800/守1300
このカードのカード名はルール上「ハーピィ・レディ」として扱う。
遊戯王wikiより引用



実質バニラですが、バニラじゃない以上、デメリットの側面が強いカードですね。
当時ならまだしも、今攻撃力1800あるからといっても「スゲェ!1800もある!」とはならんでしょう。
当時でも凄くないわ。

harpyready.jpg

元祖「ハーピィ・レディ」は通常モンスターであり、攻撃力も貧弱ですが、バニラであることは利点です。
特に予想GUYに対応しているのは大きい。初動に乏しいハーピィにとっては予想GUYであろうが有用な展開手段です。

それがSBだと効果モンスターであるため、この戦法が使う事ができません。
このカードを1枚、ハーピィ・レディを2枚というのに散らす戦法もありですが、正直言って散らす意味もあんま無いでしょう。


card73710862_1.jpg

そもそも、コイツいるしね…。




ハーピィ・レディ・SBは何故ここまで残念なのでしょうか


まず名前が残念です。


ハーピィ・レディ・SBは、言うまでもなく「ハーピィ・レディ」が「サイバー・ボンテージ」を装備した姿なのですが…
OCG-68.jpg

「サイバー・ボンテージ」を「SB」と略すのは如何なものか。

この辺のガバガバっぷりが、本体の性能にも現れていると思います。





ちなみにSBといえば、S&Bのペペロンチーノソースがクッソ旨いです。
ひとり暮らしの方には是非おすすめしたい逸品。
peperon.jpg





残念な所その2
サイバー・ボンテージ自体が残念

OCG-68.jpg

そもそも、攻撃力500ポイントアップってなんやねん。
専用装備のクセに貧弱すぎる。せめて守備力も上げろよ。

わざわざ「ボンテージ」というフェチズムな衣装を専用装備として扱っている以上
本格的に戦闘用として考えているよりかは趣味としても選んでいる可能性が非常に高い。

ドラクエの「エッチな下着」も、守備力は高いが、それよりも守備力が高い装備はたくさんある。
それでもエッチな下着を着せるのは、「趣味である事」他ならないのだ。

ettinababara.jpg

もし、ハーピィ・レディがデーモンの斧フェチならば、ハーピィ・レディ・DO(デーモンの斧)で
攻撃力2300のモンスターとして君臨していただろう。




疑問点その3 何故サイバー・ボンテージの乳首の所は尖っているのか

OCG-68.jpg


一見、あまり意味の無いように思える。乳首の部分の針。
しかし、これは超近距離戦を考えた場合多いに有用である。

本来、ハーピィ・レディは電撃鞭を持っている為、中距離攻撃が得意だと思われる。

しかし、鞭という武器の特性上、近距離攻撃にはなかなか対応できない。
ただ、単純に近距離というだけであれば、自慢のツメがあるため、いざという時はコレで対応できる。

問題はそれよりもさらに敵が近づいた時…超近距離の場合だ。
「ハーピィ・レディ」は腕の構造上、曲げる事ができない。
つまり、超近距離で敵が接近した場合、爪による攻撃もできなくなってしまうのだ。


そんな時に活躍するのが、乳首針である。

敵が超近距離で近づいた時に、ハト胸になる事で、相手の体を貫通できるのだ。これは強い。
相手がもし人間だとすると、それは心臓を貫く事ができるという事だ。


このように、ハーピィにとっての乳首針は決して意味の無いものでは無いのだ。



しかし、ここでまた疑問が湧いてくる。


わざわざ乳首に針を装着する意味はあるのだろうか?


ここがキモである。


もし、あなたが乳首ボンテージを装着して乳首で攻撃する事を想像してほしい。


その場合、乳首針の攻撃の反動が、乳首にダイレクトに伝わるハズだ。


それがハーピィの狙いである。


素人では、この乳首の衝撃が、ただのビリビリした感じにか感じないが
ハーピィほどのモンスターとなると、それは性的興奮として蓄積される。

この乳首ショックウェーブによる興奮が最大限まで高まった時、彼女らは


toraianguru.jpg

トライアングル・エクスタシー・スパークを放つのだ。


乳首で攻撃→気持ちいい→乳首で攻撃→もっと気持ちいい→トライアングル・エクスタシー・スパーク
という黄金コンボが完成する。


「攻撃」と「性癖」が組み合わさったまさに合理的な戦法。
これが彼女らの強みである。

この攻撃力×性癖力=破壊力の戦法は、他のカードでもイカされており…


たとえば、この「ハーピィの羽根帚」
20180507002422.png


これは本来、乳首攻めのアイテムである。
それを武器に転用した時、最強の除去カードと化したのだ。


この様に、一見意味のわからないデザインでも、実はよく考えられているという事がわかったであろう。
そう、このサイバー・ボンテージのように。



よって、ハーピィモンスターは乳首に弱い。
ではまた来週!
コメント
コメント
SBの残念ポイントとして、サイバーはcyberなのにSが頭文字なところもありますよ〜
2018/11/16(金) 10:40:08 | URL | などりぃ #- [ 編集 ]
更新待ってたぜ
2018/11/17(土) 17:48:48 | URL | ハーピィDOほしい #- [ 編集 ]
海外版だと絵に修正が入ってる事も伝えてどうぞ
海外だとトゲ無しですけどどう使うんでしょうかね
2018/11/18(日) 22:45:47 | URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する