【ドラクエライバルズ】現環境・次環境のエイトピサロデッキ解説
sinaknohihhou.png


こんにちは、笹川マイスです。

さて、新弾がもうすぐリリースされる所ではありますが…
今まで使ってきたエイトピサロデッキの解説をしていきます。

この環境、基本的にはずっとエイトピサロを回してきたのでエイトピサロ解説には自信がそこそこあります。
新弾が出た後も基本的な動きや採用カードも変わらないですし、
前回レジェンドも行ったという申し訳程度の実績もありますので、聞いていただけたら幸いです。


え?今月のランクはって?……
ダイヤモンド2です…。まあ今月はあんまりやってないという事で許して亭ゆるして。
まだ令和アイコン(50勝目商品)すら取ってませんからね…。


では早速デッキレシピをば。
スポンサーリンク
各採用カードの解説

魔力開放*2
maryokukaihou.png
アグロが多い環境の上、ラーミアデッキも跋扈している現環境。
少々手札のアドバンテージを失ってもこちら側に有利になるような動きをしなければならない。
特に6ターン目で7コストのヘルバオムや終焉の波動が撃てるのが強力で
対ゼシカのスノーホムンクルスの回答にもなる。
何回かランクマッチには潜ったが、手札切れで困る事はそうそう無いので、2枚採用でも問題なし。


がいこつ*2
gaikottu.png
入れ替え候補であるが、これによって助けられた事も多々あるのできっぱりと入れ替える事もできないというのが現状。
まあ、どうせ次の環境になったらスタン落ちするので、その時は新カードのどくあおむしに取って代わるだろう。


闇への供物*2
yamihenokumotu.png
このカードを使おうと思うことは、序盤におけるMPブーストという視点ではあんまり無い。
先述の通り、アグロ環境であるため序盤に無駄な行動をするのが難しいし、なによりまずは
エイトをレベル2にする事が先決である。
序盤よりも中盤で使ってヘルバオム・終焉の波動の布石にするか
ホークブリザードで相手のユニットを除去したい時に使用する。
また、プチタークやがいこつとコンボして、ステルスしているベラを除去するにも使える。
入れ替え候補のカードではあるのだが、本来のMPブーストも言うまでもなく強力。
なんだかんだ言って2枚使った時の圧倒的な優位性についてはちょっとのテンポロスもすぐに巻き返せる。
便利なカードだ。

プチターク*1
putakku.png
ヘルバオムのサーチをし、全体1ダメージを与える効果を持つ。
全体1ダメージを与える効果はこちら側も不利益を生じるので使い所を考えないと不利になりかねない。
だからといって、出すのを後回しにしていると、2枚のヘルバオムが手札にきてしまう可能性もある。
低コストユニットなので序盤に出したいところだが、エイトピサロの動きは序盤はブーストとエイトの発動で
埋まっているため、出すとしたら3ターン目以降。
対テリーなら即出し可。対ゼシカはベラの除去をしたいため、即出しはNG。ロトのこうげきでやられるかもしれないし。
ちなみに、デッドエンペラーの攻撃力が8になっている時であればサーチする事もある。
ヘルバオムをサーチしたい時にサーチされたらキレそうだが…まああんまり無いだろう。


勇者エイト*1
yusyaeito.png
…勇者だっけ?エイトって。まあいいや。
このデッキのキーカード。
レベル1はドロー加速、レベル2はスキルブースト持ちを出すとテンションアップ、レベル3は高コストで結婚
(毎ターンテンション+3、追加1ドロー)
このご結婚状態が言うまでも無く強力で、通常の状態でもピサロナイト出し放題。
その上結婚→進化の秘法と進んでいく事によって毎ターンはげしい炎を吐けるという、チートじみた状態となる。
こうなると、秘法を使ったターンを含め単純に3ターンで決着となる。
(攻撃6ダメ→次ターン炎+攻撃11ダメ→次ターン炎+攻撃11ダメ)


死への誘いx2
sihenoizanai.png
超優秀な死亡確定カード。ククールのニードルラッシュが強すぎると言われるが
このカードも大概だと思う。基本的にはシーゴーレム対策として使う。


ベビーパンサーx2
babypanther.png
このデッキにおける優秀な尖兵。前半で使っても後半で使っても強い。
特に後攻では一気に3ターンでエイトレベル2になれるカードなので、手に入れておきたい。


とげこんぼうx2
togekonbou.png
このデッキの核。前半ではとにかく引き込みたいし、後半…特に進化後はなんとしてでも欲しくなる神カード。
このカードがあるからこそエイトピサロは成立するというのは流石に過言ではあるが、そのくらい重要。
「ピサロのテンスキは微妙だからこのカードも微妙」とか言ってた人は反省してどうぞ。


シーゴーレムx2
seegoorem.png
対アグロ用防人。アグロに弱いこのデッキには必須レベル。
もし採用していない人が入ればその理由をじっくり聴きたい。
弱点はピサロの死への誘い。


ストーンビーストx2
stonebeest.png
3枚目以降のシーゴーレムだが、攻撃するとにおうだちが解除されるわ打点は下がるわあまりいいところは無い。
それでも採用されるこのカード。シーゴーレムはどんだけ壊れているかがよくわかる。
一応、対アグロピサロの死への誘いには強いのは利点かな。


デッドエンペラーx2
deademperar.png
このデッキの超有能なアタッカー。どうみても4コス性能じゃない。
これより1コス低いのがスライムナイトなのが笑える。
オルゴデミーラを押しのけれて採用されるくらいなんだからこのカードの異常さはよくわかるだろう。
エイトのレベル2ヒーロースキルがある為一石二鳥!積極的に出していきたい。


ホークブリザード
hokkuburizaddo.png
死亡時にランダムでザキを唱えるペットショップ。
中盤で3コスでこのカードを出せるのも結構イカれているが、終盤で0~1コスでこのカードを出せるのもキチっている。
やつざきアニマルも真っ青のカードだ。ついでにレベル2ヒーロースキルも起動!いいとこばかり。


デスタムーア
deathtarmoore.png
スタッツは低いものの、あらゆるデッキに対して大ダメージを与える事ができる。
テリー・じゃんけんミネア・エイトピサロに対してはこのカードだけで封殺できる事もしばしば。
そもそもテンションを2つ分下げる分でも十分凶悪。すぐに除去される事も多いカードだが
テンションを下げるだけ…と割り切って出す事も重要。
対ピサロでは、ホメロスで奪われないように気をつけたい所。


魔女グレイツェル
mahogureituleru.png
エイトレベル2と組み合わせる事で一気にテンションがたまるカード。
イラストが良いのでテンションが上がるのもわかる。
アグロ相手に相手の動きを止めて、次のターンで終焉の波動を撃つのも黄金パターン

ドン・モグーラ
supermoguura.png
リーサル要因。ほとんどの場合このカードを放置するプレイヤーは居ないと思われるが
もし生き残った場合は、勝負をつけよう。
最初は2枚採用していたが、やはり重さが気になる上、アグロ相手には出す暇が無い為1枚となった。


終焉の波動x2
hadoofsyuen.png
チートカードの盤面リセットカード。ダークマターとは違い、かならずユニットを倒せるとは限らないが
打点も下がる為ほとんどの場合無力化できる。
ピサロは結婚→進化と行った場合、2ターン近く行動が止まっている事になる。
となると必然的に相手もそれ相応の展開をしている事になるのだが、
それを返す為のカードとしてこのカードは優秀。そこから一気に反撃の狼煙(はげしい炎)を吐いていこう。


ヘルバオムx2
herubaooraihousya.png
こちらも相手の盤面を殲滅できるが、自分の場に影響を与えない。
このカードで対処可能な範囲であれば終焉の波動ではなくこちらを使おう。
HPが4なのは弱い点ではあるが、攻撃力8はキチっている所である。
相手は何が何でもこのカードを除去するだろう。…といってもHP4なのでやっぱりすぐ処理されるが。
実際のところ相手に処理を強要させつつ相手の盤面を殲滅させている時点でこのカードの役目は終わっているのだが
もし生き残ったらリーサルまで見える。重さは気になるが、プチタークのサーチ先というのもあるし2積み。


進化の秘法x1
sinaknohihhou.png
このデッキの核。ここまで進化の秘法が強いDQのゲームがあっただろうか?
エドガンも草葉の影で喜んでるよ。
対コントロールデッキではとにかく早く進化をして優位に立とう。
対アグロデッキに対してはなかなか使う機会は無いが、スキを見て進化をしてライフを回復していこう。
結局どのデッキでも有用という事だ…。



初手に残しておきたいカード

対デッキ全般
ベビーパンサー・とげこんぼう…序盤のテンションアップに欠かせない為。特にとげこんぼう。

対テリー
デスタムーア…重いのが欠点だが、勝負を決めれる強力なカードの為
シーゴーレム・ストーンビースト…除去カードに乏しいテリーにとってはにおうだちは単純に厄介。

対ゼシカ
終焉の波動…スノーホムンクルス対策。高コストで終盤で使うカードのため
いずれは引けるかも…と思いマリガンしたい所ではあるが、一応残しておきたい。
シーゴーレム・ストーンビースト…アグロかもしれないので。

対アリーナ
闇への供物…床アリーナ、ラーミアアリーナ共に、序盤の攻撃は緩やかだが
中盤以降は猪突猛進に攻めなければやられる。一刻も早くランプしたいところ。
デスタムーア…ラーミアアリーナ対策。そこまで有効じゃないかもしれないが…
他に有効なカードがあるわけじゃないのでとにかく残す。

対ククール
死への誘い…フォズ大神官・デスタムーアなどを一撃で葬る為。
進化の秘法…いかに早く結婚・進化するかが対ククールのカギ。

対トルネコ
シーゴーレム・ストーンビースト…ブラバニクイーンが怖い。
死への誘い…リッカ潰し。

対ミネア
死への誘い…ロウは何が何でも1ターンで倒す。また、レッサーデーモンも1ターンで倒す。
デスタムーア…じゃんけんミネアだった場合の封殺用カード。

対ピサロ
進化の秘法…エイトピサロミラーは先に進化した方が勝ちなので。
シーゴーレム・ストーンビースト…アグロかもしれないので。



戦い方
序盤はベビーパンサー、とげこんぼうを使い、エイトをレベル2にするように心がける。
レベル2になった後は、闇への供物でランプしたり、ユニットを展開していく。

デッドエンペラーはヒーロースキルを使える上に、ユニットを残せる優秀なカード。
できればこの時に使ってテンポを稼いでいきたい。
同時に、この頃に相手が中盤の核となるユニットや、シーゴーレムを出してくるので
それに合わせて死への誘いを撃ちつつヒーロースキルを起動させる。

エイトがレベル3になった時には、こちらのMPは7前後。
終焉の波動やヘルバオムで相手の盤面を壊滅させつつ、相手にスキが出来たら即座に結婚。
結婚した後はその莫大なアドバンテージを使ってユニットを余すとこなく展開!除去!

そして秘法があって相手の盤面にユニットが少なければ進化の秘法!
その後については毎ターンはげしい炎を吐きつつ攻撃できるので、勝ちが見えてくる。

…これが基本の動き。そして、相手のデッキによっては動きがちょっと変わる。
次に各デッキの動きを解説。



各デッキ事の動き

レックステリー
rexxx.png
序盤はとにかく防御防御モンスター展開。
エイトのレベル上げは後回しにしたいが、ヒーローカードを発動しなければシーゴーレム・とげこんぼうは
発動しないので注意。
相手がスキを見せたらすぐさまデスタムーアで封殺。


奇跡テリー
kisekinaturugide.png
基本的にはいつも通りのエイトピサロの動きをする。
スキを見せたらデスタムーアをするのも一緒だが、みなごろしケアをするために他のユニットと一緒と出したい。
終盤は相手が剣豪の闘志を使って大ダメージを与えてキルを狙ってくるので、におうだちユニットかウォールで固めておきたい。
無ければお祈り。


アグロゼシカ
bianakasa.png
こちらもにおうだちを中心に守衛をどんどん立てていく。
HPが13点を切ると一気にリーサル圏内になるので、ライフを減らさないように立ち回りたい。
リーサル圏内後はお祈り。またはいち早く進化。


ライン工ゼシカ
madosyoukan.png
魔力開放・闇への供物などでMPを相手高めにするようキープし
相手が展開してきたら終焉の波動でユニットを壊滅させる。
魔導召喚さえ凌げば、あとは普通に展開すれば勝てる可能性はあるが、最後のダメ押しで
ダークドレアムが飛んでくる可能性があるため、ホークブリザードなどの除去は最後までキープしておきたい。

ラーミアアリーナ
ramian.png
とにかく展開する事を考えて、ラーミアが完成するまでに相手の顔を殴る殴る。
スマイルロックはこちらから倒しにいきたいが、あばれザルやはりせんもぐらなどは無視して相手の顔面を殴りにいく。
こちらがアグロの気分でいかなければラーミアの速度に追いつかない。


床アリーナ
maiyun.png
こちらは比較的いつもの流れで戦う。床アリーナに関しては相手の引き次第という側面が大きい。
序盤ですべる床を早くも精製され、中盤でアカリリスからの猛攻撃などをやられた上で
プオーンでマイユサーチされると流石に厳しい。
終盤は大型のユニットをあまり出さず、小型のユニットを展開しまくってマイユのダメージをバラけさせるようにする。


復活ククール
fukkatunotue.png
早く結婚→進化を行い、はげしい炎と恐怖のツメでダメージをゴリゴリ削るゴリ押し戦法を仕掛ける。
それでもデスタムーアを連打されたり、HPが6あるにおうだちアイアンナイトを連打されると厳しい。
終焉の波動も積極的に使っていくため、スキルブーストは早めに貯めて結婚したい。


ラーミアククール
mirakurusoudo.png
こちらもラーミアアリーナと同じく、臆せず顔面を殴る殴る。
どんぐりベビーで大回復される恐れはあるが、それを言っていたら何も始まらない。
どんぐりベビー用の死への誘いはキープしつつ、アグロの気分で殴りまくれ。


レックストルネコ・エイトトルネコ・ソロトルネコ
kedamon.png
トルネコは型がいろいろあるが、結局の所ミッドレンジという所ではどれも同じ。
基本的にはいつもの動きでOKではあるのだが
ソロトルネコにおいてはリッカは早めに処理したい所なので、死への誘いはキープしておく。
相手が一気に展開してきたら、終焉の波動をお見舞いしてやろう。


占いダブルヒーローミネア
tabasa.png
こちらも基本的にはいつもの動きを行うのだが、まずはロウ用の死への誘いを確保し、ロウは早く抹殺する。
その後についてはいつも通りになるのだが、警戒したいのはダークドレアム。
ミネアの場合は皇帝のタロットで14点をキメてくるので、14点以下にならないように耐えたい。


じゃんけんミネア
ressaressademon.png
正攻法ではかなりキツイが、そういうデッキが相手な為仕方がない。
といっても毎回負けてしまうほど苦手な相手でもない。デスタムーアをいかにプレイするかが勝利のカギ。
サイコロンやつむじ風からの猛攻に耐えるために、他のユニットも出してデスタムーアをとにかく守れ。
タロットシャッフルは知らん。


アグロピサロ
gemagemaaisa.png
実はかなり嫌な相手。というのも、シーゴーレムやストーンビーストが死への誘いで簡単に処理されてしまうからだ。
ゲマに対してはホークブリザードや終焉の波動、ヘルバオムなどのカードでなんとかなる可能性は高いが
普通にアグロの猛攻によってやられる事も多々ある。ピサロの敵はピサロ。


ミルピサロ
jackpotter.png たまにしか見ないが、このデッキには本当に勝てない。
あまり見ない故に必勝法をまだ確率していないと言った方が良いか。やはりピサロの敵はピサロ。


エイトピサロ
yusyaeito.png ミラー。ミラーはいかに早く結婚→進化するかがカギだし、なんなら先に進化した方が勝ち。
これは私がずっと思っている事で、とにかく進化するのが先である。
相手のリーサルが見えない以上はとにかく進化しよう。




次の環境のエイトピサロ。

正直あんま代わり映えは無いと思います。
がいこつどくあおむし
dockadomusi.png

進化の秘法エビルプリーストに代わるくらいでしょうか。
ebirupuri-suto.png


がいこつがどくあおむしになり、殺傷力はかなり高くなりましたが、その反面打点を下げる事ができなくなりました。
また、進化の秘法がエビルプリーストになる事によって、進化時の回復が無くなってしまいました。
魔王デッキに変わる事で優秀な回復カードは増えますが、即時に回復しないのは痛い。

これらの点からアグロに対しては、ほんのちょっとというレベルではありますが弱くなりました。
アグロテリーやアグロゼシカはともかく、
レックステリーはスタン落ちしたようなカードも無い為、ただ純粋に弱くなったという感じです。

そのため、対アグロ用のカードを追加する必要がありますが…
ピサロの新カードや共通のカードにそこまで入れたいカードがありません。というか入れ替え候補がありません。
さんざん騒がれたエッグラ&チキーラもなんだかんだ言って入れる枠が無いのです。

4コスト帯前後がにおうだち&スキルブーストで固まっているのも原因でしょう。
デッキコンセプト用カードと弱点であるにおうだちばかりである以上、厳しいですね。
肝心のレックステリーに強いデスタムーアやグレイツェルを抜くわけにもいかないし…。

来期でライン工ゼシカが減るとは思いますので、考えられるのは終焉の波動を減らせるという所でしょうか。
それでも対アグロ用のカードを入れたいのでエグチキの採用は難しそうですね。

アグロが減ればストーンビーストの枠を別のカードにしたいのですが、まー減らないでしょうね。


まあ、これはあくまで「エイトピサロ」の場合の考えなので、
同じピサロでも「魔王ピサロ」とかのデッキになれば話は変わるでしょう。



魔王ピサロの評価
daiamouzoma.png

が、魔王ピサロでもコントロールよりなのは変わらないですし、エビルプリーストを採用することも変わらないでしょう。
魔王ピサロで考えると、今後抜くことが考えられるカードとしては
スキルブースト系のカードである死への誘い、デッドエンペラーやホークブリザードやグレイツェル、終焉の波動を…
そしてテンション上げカードや相性の良いベビーパンサー、とげこんぼう、ドン・モグーラを抜くことが考えられます。

しかし、これらのカードが元々弱いカードではありませんので、何枚かは続投されるでしょう。

と、なると大して今のエイトピサロと構築は変わらないと思います。
そして進化後のバリューが結婚しているかどうかでは段違いなので、エイトピサロvs魔王ピサロは
進化後に関しては圧倒的にエイトピサロが有利です。
ただ、魔王サーチがある魔王ピサロのが「進化できるか否か」では有利と言えますね。

そして最大の問題は、アグロに弱い事に変わりが無い上に、アグロ対策に割れるカードが少ない
これに尽きます。
ポイズンキッスやあくまのきしなどの、対アグロで有用な魔王関連カードは確かにありますが…
poiznkiss.png
akunokusi.png

総じて重い。
しかもコンボ要素があるため安定性に欠ける。

対アグロにおいて有用な軽い魔王カードであるラプソーンは必須カードですが
だからといってラプソーンを場に出すと、これらのカードの効果が発動できない可能性があるというジレンマ。

あとやっぱりシーゴーレム先生は偉大。というかなんで5コスなんだ…
これが軽かったら、本気で魔王ピサロを考えてました。

そんなわけで私は魔王ピサロよりもエイトピサロを最初に選びます。
思いの外魔王ピサロが強かったら枕替えします。



魔勇者アンルシアがほしい
mayusyaarunsi.jpg

さて話題が代わりますが…
ほしい。魔勇者アンルシアが欲しい。
実は偽物(ネタバレ)とか、進化後がさそりアーマーみたいとかいうのは関係ない。

sasoria-maanrusia.png

とにかく欲しい。
欲しいから課金しまくる→運良ければ魔勇者アンルシアが出る→出たら魔剣士を使わざるを得ない。

じゃあエイトピサロ(アンルシア)か魔王ピサロ(アンルシア)しか選択肢ないじゃん



絵違いグレイツェルも欲しい

新弾リリースと共に、構築済みデッキが販売され、そこには各リーダー2種類づつ新規イラストが用意されています。
そこに魔女グレイツェルが居る事が判明。

eirauar.jpg

値段や詳細はまだわかりませんが…
グレイツェルが欲しい→課金する→絵違いグレイツェルが出る→グレイツェルを使わざるを得ない

じゃあエイトピサロしか無いやんけ!


終わり!閉廷!
以上!解散!解散!


君(魔王ピサロ)もう帰っていいよ

ブログランキング。気に入ったらスイッチ・オン!


スポンサーリンク
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する