【ドラクエライバルズ】DQ2最強武器は伊達じゃない《いなずまのけん》考察
inazumanoken.png
さあ、ついに第7弾カードパック「光と闇の異聞録」がリリースされましたね。

ランクマッチも、従来のグランプリに加えてマスターズが登場しました。
ストレスが貯まらないのでマスターズでプレイしまくってます。

さて、今回リリースされたこの7弾、正直言って強いカードはあれど
「これはヤバイな」と言える程、壊れカードがあるといったような印象は今のところありません。

スタンダードと入れ替えという所もあって、総合的なパワーについては前回と大して変わってないように思えますね。
なんせほとんどパワーが変わってないエイトピサロが環境に居ますから。


しかし、それでも…壊れだなと思わずとも
「思っていたより強力だったな」と思うカードがありました。

それが

《いなずまのけん》です。
スポンサーリンク

原作では、ドラクエ2で出てきた最強武器。
呪われた武器とかを除外して、デメリットなしでは最高打点を持つ武器となっています。
つまり、あのロトの剣よりも強力という事!

ポッと出の武器に最強装備の地位を剥奪されたロトの剣くん。
しかもこの、いかづちの剣…ロンダルキアの洞窟で拾える上、なんならハーゴンの騎士もドロップするという
ロマンもクソも無い武器。
しかし、最強武器には代わりなく…それはライバルズでもしっかり強カードとして発揮してくれました。


ですが、最初このカードの情報が出た時は、みなさんの評価はそこまで高くなかったと思います。

…というのも、このカード自体が
あきらかに「らいめいのけん」を意識したデザインだったというのもあったと思います。
raimei.png

なんなら武器の向きも似ているしね…。

評価が低かった要因の1つとして…
私も最初勘違いをしていたのですが

inazumanoken.png

これ装備時(召喚時)にも2点ダメージを与えるんですね。
気付かなかったです。

それもあって、カードの効果も似ているようで全然違います。
らいめいの剣が、アグロで使用されていたように、顔を殴ってあわよくば電撃が顔に飛んで1ターンで8点!
さらに運が良ければ2ターンで16点といったような、脳死脳筋マッシブ電撃ゴリラ-スパーク・マンドリラー-みたいな
使い方をされていましたが…

このカードは相手の場を殲滅させて、ウォールやにおうだちを解除して顔を殴りに行ったり
相手の場を一掃して有利に立つといった、半分特技カードのように使用するといった、
ちょっとテクニカルな電撃ゴリラカードとなっています。
言うほどテクニカル要素は無いが。

2ターンを経由するとは言え、4点攻撃×2回の攻撃と、2点全体ダメージ×2回は、あり得ないほどのパワーを秘めています。
3点全体ダメージのイオナズンも同じ7コストだったと思うと、その異常っぷりが解ると思います。

しかも、盤面を整えていたり、MP8以上あるならば、ターンを跨がなくても全体4ダメージを与える事はできます。

・いかづちの剣を装備→2点全体ダメージ→低コスト武器装備→いかづちの剣が破壊→2点全体ダメージ
・いかづちの剣を装備→ブラッド・ソード自爆特攻→武器装備効果発動→いかづちの剣が破壊→2点全体ダメージ


といった感じです。ちょっと勿体無い感じはしますが、ゲマが相手の場に居る時や、HPがピンチの時など
背に腹は代えられない時もあります。いざとなったら使いましょう。

さて、このカード、ランクマッチを潜っていると
魔王テリーだろうが、アグロテリーだろうが、結構使ってきますね。

そんでもってまあ使われると強い事強い事。
こっちがピサロを使っているのもあって、ピサロナイトが壊滅もんです。

よく考えたら、ギガスラッシュもギガブレイクも、ジゴスパークもスタン落ちしたテリーにとっては
貴重な除去カードなんですねこれが。

気づいたら、らいめいのけんよりも採用率が高くなっているのでは…?

うーん、自分の事前評価の見当違いっぷりが恥ずかしいです。



総評。
このカードの強さ
★★★★☆
4点。ちょうどいい強カードだと思います。
ライバルズ運営の、絶妙なパワーカード設定に涙がちょちょぎれますよ!



ちなみに

devilarmer.png


デビルアーマーで装備しても、召喚時の効果は使えません。

ナーフされたのに使い道がほぼなくなってしまったデビルアーマーくん。
ライバルズ運営の、カードパワー設定の下手くそさに涙がちょちょぎれますよ!



終わり

スポンサーリンク
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する