【遊戯王】ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴンデッキで活躍!《アヌビスの呪い》について考察!
anubisunoroi.jpg
こんにちは、笹川マイスです。

今回は、密かに高騰をし続けている「アヌビスの呪い」について考察していきます。
スポンサードリンク

まず実際に高騰をしているかどうか…
遊戯王カード検索での価格変動を参考に。

anubisunoroikakauhendou.png


上がっている。

スーパーだとは言え、平均価格で400円もする。
昔から遊んでいる遊戯王プレイヤーからすると、こんなカードが高騰するなんて…という感じだ。

まあ、最近はこういう事が多いからねぇ…。


で、何故このカードがここまで高騰しているのかというと…



kaosumakkusudoragon.jpg
カオス・MAXで貫通する為である



そもそも、アヌビスの呪いの効果というものは…


《アヌビスの呪い》
通常罠
フィールド上に表側表示で存在する効果モンスターは全て守備表示になる。
発動ターン、それらの効果モンスターの元々の守備力は0になり、
表示形式の変更ができない。

Wikiより抜粋




という効果となっている。
つまり、テキトーなモンスターを、守備表示にして、尚且つ守備力を0にする。

そこに、カオス・MAXで貫通すればワンキル成立

このカードを発動されしてしまえば、カオス・MAXで

絶ッ~~~




zettaini.jpg


事が可能なのだ。
まさしく「アヌビスの呪い」


なんともまあ豪快かつ合理的な戦法。



似たような役割を持つカードとして

sikakukaranoitigeki.jpg
死角からの一撃

が存在する。


こちらは、守備表示のモンスターの守備力分、攻撃モンスターの打点が上がる。というものなので
どんなに守備力が高くてもカオス・MAXでワンキル出来るというものだ。



この「アヌビスの呪い」と「死角からの一撃」は
一長一短の関係となっており、どちらを優先するかとなると迷いどころ。




まず、アヌビスの呪いの利点・欠点は…
anubisunoroi.jpg


利点
①攻撃表示を守備表示に出来る
②相手ターンに使えて、防御をする事が出来る

欠点
①罠なのでターンを跨ぐ・除去されやすい
②予め守備表示のモンスターには効果が無い



対して、死角からの一撃からの利点・欠点は…
sikakukaranoitigeki.jpg

利点
①速攻魔法なのですぐに発動出来る。
②ダメージステップに発動できるので裏守備にも対応。

欠点
①相手ターンの防御に使えない。
②攻撃表示のモンスターには無意味


といった事になっている。
どちらも上手い具合に分かれているので、どちらを優先するかは難しい。


カオス・MAXデッキ相手に無闇に守備表示にする事もあまり無いのでアヌビスの呪いを採用したいが、伏せてターンを跨ぐ必要があるのが悩みどころ。
また、発動後、何らかの妨害を受ければこのカードの発動が無駄撃ちとなってしまう。

死角からの一撃であれば厄介なモンスターを処理する為の「皆既日蝕の書」「闇の護封剣」と併用すれば後攻1ターン目で簡単にワンキルが出来る可能性も高い。ダメステに発動すれば無駄撃ちをする事はほぼ無い。


うう~ん…どうするか迷うぞ…。


ワタシは罠カード自体があまり好きじゃないので、採用するなら一撃の方かな…
ともかく、比較的最近のカードでノーマルの「死角からの一撃」はともかく、昔のカードでスーパーのある「アヌビスの呪い」は高騰が期待出来ます。


さっそく、家にあるか探してみよう。















無い…




うーん、こうなったら



bakugai.jpg



致し方ありませんね。


スポンサードリンク

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する